[事例ニュース]

日本政府が挑む「政府情報システムの棚卸し」プロジェクトの実際

2013年8月9日(金)河原 潤(IT Leaders編集部)

読者は、総務省が主導する「政府情報システムの棚卸し」プロジェクトをご存じだろうか。これは、政府の情報システムが扱う情報資産等を可視化し実態を把握した上で、それを情報基盤として活用していこうとする取り組みだ。これを契機に全システムの運用保守等にかかる莫大なコストを圧縮し、電子政府を戦略的に整備・運用していこうとする、他国でもほとんど例のない試みだ。2013年7月25日、東京都内で開催された日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)の定例セミナーでは、総務省 行政管理局で副管理官を務める大平利幸氏が特別講演スピーカーとして登壇。同プロジェクトのねらいと進捗、今後の計画などについて語った。

今後のプロジェクト推進でカギを握るデータマネジメント

 今回の棚卸しプロジェクトで得られた政府の情報資産データを、ITコストの大幅な削減をはじめとする具体的成果へとつなげていくには、上述した情報資産管理の継続的なサイクルの確立が欠かせない。そのための今後の取り組みとして大平氏は、「今回の棚卸しプロジェクトで継続的な更新の仕組みを整えた政府情報システム管理データベースと、これまでに存在しなかった政府における情報システムの投資管理、プロジェクト管理、調達、整備・運用・保守、資産管理といった内容に関する共通のルールとして策定予定の政府情報システム管理標準ガイドラインを、車の両輪として機能させITガバナンスの強化につなげるよう推し進めていきます」と語った。

 さらに同氏は、政府情報システム管理データベースを運用・更新していくにあたって、様々なユーザーが多方面で活用していく仕掛け作りが大事だという。「棚卸しの結果を登録するだけでは、真に役立つ情報は得られないでしょう。データも劣化していきますし、これらの取り組みの過程では、データマネジメントの考え方も大変重要になると考えています」(大平氏)

関連キーワード

総務省 / 電子政府 / データマネジメント / JDMC / 官公庁

関連記事

Special

-PR-

日本政府が挑む「政府情報システムの棚卸し」プロジェクトの実際 [ 4/4 ] 読者は、総務省が主導する「政府情報システムの棚卸し」プロジェクトをご存じだろうか。これは、政府の情報システムが扱う情報資産等を可視化し実態を把握した上で、それを情報基盤として活用していこうとする取り組みだ。これを契機に全システムの運用保守等にかかる莫大なコストを圧縮し、電子政府を戦略的に整備・運用していこうとする、他国でもほとんど例のない試みだ。2013年7月25日、東京都内で開催された日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)の定例セミナーでは、総務省 行政管理局で副管理官を務める大平利幸氏が特別講演スピーカーとして登壇。同プロジェクトのねらいと進捗、今後の計画などについて語った。

PAGE TOP