CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[新製品・サービス]

次世代システムのグランドデザインを描く、その参考としての「SAP HANA Cloud Platform」

2016年6月16日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

ビジネスや事業のデジタル化に向けて、企業情報システムが対応を迫られている。換言すれば、CIOや情報システム部門は次世代システムのグランドデザインを描くことが求められている。ではどうすべきか?そのヒントになるのが、大手ITベンダーが提示するソリューション像だ。その1つとして、独SAPの「SAP HANA Cloud Platform」を紹介する。

 ではHANA Cloud Platform(以下HCP)とは何か。答は、クラウド上で稼働するアプリケーションの開発と実行を担うPaaS(Platform as a Service)である。S/4 HANAと連携するIoTシステムなど新たなアプリケーションを開発・稼働させたり、あるいはSuccess Factorなどクラウドアプリケーションの機能を拡張したりするためのパブリックなクラウドサービスだ(図3)。オープンソースソフトウェアであるCloud Foundryを使って実装されている(ハードウェアレイヤーではOpenStackも利用)。

図3:HANA Cloud Platform図3:HANA Cloud Platform
拡大画像表示

 そうなると「純粋のCloud FoundryとHCPは何が違うのか」という疑問が出てくるかも知れない。この点はSAPの製品戦略を色濃く反映しているため、冒頭で述べた企業情報システムのグランドデザインには直結しない点に注意していただきたいが、疑問の答は「HANA Platform」にある。多少乱暴な解釈だが、HCP=HANA Platform+Cloud Foundryだ。

 ついでにHANA Platformは何かというと、その実体はSAPのインメモリーDBMSの「HANA」を中核に、基盤関連機能を組み合わせたもの(図4)。具体的には、アプリケーションを開発・実行できるアプリケーションサーバー機能(アプリケーションサービス)や、ビッグデータも含めた様々なデータソースと連携してデータを統合する機能(データ統合サービス)などである。

図4:HANA Platformが提供するサービス群図4:HANA Platformが提供するサービス群
拡大画像表示

 図4を子細に見ていくと、これからの企業情報システムが備えるべき機能要素も、ある程度は明らかになる。データ統合サービスを例にすれば、データの仮想化やETL機能、データ品質管理、HadoopやSparkなどビッグデータの統合、およびリモートでのデータ同期である。繰り返しになるが、SAPのユーザー企業かどうかとは関係なく、こうしたソリューション像を次世代のシステムデザインの“鑑”として活用できるだろう。

 一方でSAPユーザー企業であってもHCPやHANA Platformを採用する必要がないケースがあることも推察できる。ERPをS/4 HANAに移行する場合はHANA Platformが必須だが、SAP ERPを使い続けるならDBMSは市販製品を選択でき、PaaSもHCP以外のソリューションを選べる。選択肢は1つではない。

関連記事

Special

-PR-

次世代システムのグランドデザインを描く、その参考としての「SAP HANA Cloud Platform」 [ 2/2 ] ビジネスや事業のデジタル化に向けて、企業情報システムが対応を迫られている。換言すれば、CIOや情報システム部門は次世代システムのグランドデザインを描くことが求められている。ではどうすべきか?そのヒントになるのが、大手ITベンダーが提示するソリューション像だ。その1つとして、独SAPの「SAP HANA Cloud Platform」を紹介する。

PAGE TOP