[新製品・サービス]

SuiteTwo日本語版

2007年9月25日(火)

「エンタープライズ 2.0」のベースとなっているウェブ2.0は、革新的なテクノロジーというわけではなく、情報をオープンにして共有することでコラボレーションを行うという、インターネット本来の姿を表しているに過ぎない。エンタープライズ 2.0では、こうしたインターネットが持つ本来の能力を企業でも利用し、より良いビジネススタイルを発見していくことにその本質がある。 本稿では、エンタープライズ2.0を実現するためのツールである「SuiteTwo」を紹介し、その利用方法と導入効果から、これからの企業の進むべき方向を考える。

各アプリケーションを連携させる共通部分機能

SuiteTwoは、オープンシングルサインオンサービスのCAS(Central Authentication Service)によるシングルサインオン機能を備えており、各アプリケーションに対するすべての認証を認証サーバーを迂回させることでシングルサインオンを実現している。

この機能により、ユーザーはユーザー名/パスワードによるユーザー認証を1回だけ行えば、各アプリケーションをあたかも1つのアプリケーションであるかのように利用できる。さらに、各アプリケーション間のデータの受け渡しも認証を行うことなくスムーズに行うことができる。

また、SuiteTwoのすべてのアプリケーションを横断的に検索する統合化検索機能も利用できる。この機能により、特定のメンバー間だけで共有したい情報や広く見て欲しい情報などを分けて検索できる。検索結果のコンテンツに付属するタグも同時に表示させることができ、検索結果のすべてのタグから、どのタグが最も使われているかを文字の大きさで表現するタグクラウドを作成することができる。この機能により、検索したキーワードと関連するタグを一目で理解でき、タグクラウドをクリックすることで、通常の検索だけではたどることのできない関連情報まで見つけることができるようになる。

なお、シングルサインオンによるログイン前とログイン後で検索結果は異なる。ログイン前は閲覧に制限を設けていないブログ、Wiki、RSSフィードのコンテンツを横断的に検索でき、ログイン後はログインユーザーが見ることのできるすべてのコンテンツを横断的に検索することができる。

関連記事

Special

-PR-

SuiteTwo日本語版 [ 3/5 ] 「エンタープライズ 2.0」のベースとなっているウェブ2.0は、革新的なテクノロジーというわけではなく、情報をオープンにして共有することでコラボレーションを行うという、インターネット本来の姿を表しているに過ぎない。エンタープライズ 2.0では、こうしたインターネットが持つ本来の能力を企業でも利用し、より良いビジネススタイルを発見していくことにその本質がある。 本稿では、エンタープライズ2.0を実現するためのツールである「SuiteTwo」を紹介し、その利用方法と導入効果から、これからの企業の進むべき方向を考える。

PAGE TOP