[新製品・サービス]

SuiteTwo日本語版

2007年9月25日(火)

「エンタープライズ 2.0」のベースとなっているウェブ2.0は、革新的なテクノロジーというわけではなく、情報をオープンにして共有することでコラボレーションを行うという、インターネット本来の姿を表しているに過ぎない。エンタープライズ 2.0では、こうしたインターネットが持つ本来の能力を企業でも利用し、より良いビジネススタイルを発見していくことにその本質がある。 本稿では、エンタープライズ2.0を実現するためのツールである「SuiteTwo」を紹介し、その利用方法と導入効果から、これからの企業の進むべき方向を考える。

こういった課題の解決に、SuiteTwoは大いに役立つことになる。たとえば、議論に必要な情報について、手間をかけずに新鮮なものを得たい場合、簡単な設定で情報を自動的に収集してくれる「NewsGator Enterprise Server」が活用できる。

議論の提起を行ったり、それらについてのディスカッションをする場合、情報が残り、流れを追うことができる「Movable Type Enterprise」が活用できる。 ここに情報をまとめておくので必要なときにはまずここを見ると良い、という場所を作っておきたい場合、情報を簡単に蓄積していくことができる「Socialtext Enterprise」が活用できる。

そして、これらのツールをセキュア、かつ便利に利用するために、「SuiteTwo共通部分機能」が有効に働くことになる。

最後に

 現在、日本電気株式会社が運営するビジネス情報サイト「Wisdom」で「あなたのオフィスのWeb2.0度 簡易Web診断」を行っている。20問ある「はい/いいえ」の2択形式の質問に答えていくだけで、自分のオフィスでウェブ2.0(エンタープライズ 2.0)を活用できているかを診断し、オフィスで有効活用できるタイプの最適なツールが紹介される。無料かつ5分程度で行えるので、気軽にアクセスしていただきたい。

参考情報

販売元:日本電気株式会社

製品サイト:http://www.nec.co.jp/e2/

関連記事

Special

-PR-

SuiteTwo日本語版 [ 5/5 ] 「エンタープライズ 2.0」のベースとなっているウェブ2.0は、革新的なテクノロジーというわけではなく、情報をオープンにして共有することでコラボレーションを行うという、インターネット本来の姿を表しているに過ぎない。エンタープライズ 2.0では、こうしたインターネットが持つ本来の能力を企業でも利用し、より良いビジネススタイルを発見していくことにその本質がある。 本稿では、エンタープライズ2.0を実現するためのツールである「SuiteTwo」を紹介し、その利用方法と導入効果から、これからの企業の進むべき方向を考える。

PAGE TOP