[調査・レポート]

2021年の国内AIシステム市場は前年比26.3%成長、コロナ禍で停滞したAIプロジェクトが再開─IDC

2022年5月25日(水)IT Leaders編集部

IDC Japanは2022年5月24日、国内におけるAIシステムの市場予測を発表した。2021年は市場規模(エンドユーザー支出額ベース)が前年比成長率26.3%で2771億9000万円に達する見込み。2021年~2026年の年間平均成長率(CAGR)は24.0%で推移し、2026年には8120億9900万円に達すると予測している。

 IDC Japanは、国内におけるAIシステムの市場予測を発表した(図1)。2021年は市場規模(エンドユーザー支出額ベース)が前年比成長率26.3%で2771億9000万円に達する見込み。2021年~2026年の年間平均成長率(CAGR)は24.0%で推移し、2026年には8120億9900万円に達すると予測している。

図1:国内AIシステム市場支出額予測:2021年~2026年(出典:IDC Japan)図1:国内AIシステム市場支出額予測:2021年~2026年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 「2021年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって低調となったAIプロジェクトが再開し、進展を見せた。また、新たなライフスタイルの勃興にデジタル商機を見出す企業が、AIを活用した実験型プロジェクトを繰り返し実施した。コロナ禍以前から企業変革に取り組む企業によってAIシステムが本番運用を開始するケースも順調に増えた」(IDC)。

 「2021年は、国内AIシステム市場の54.0%を占めるソフトウェア市場が前年比で28.5%増加したことが、成長の要因になった。加えて、同市場の29.3%を占めるサービス市場が、ビジネス変革支援、ITコンサルティング、アプリケーションの開発や運用支援のニーズの高まりから、同36.0%増と高い成長を示した。ハードウェア市場は2020年の急速な成長の反動減が2021年に生じて成長率は落ち込んだものの、同7.1%増と緩やかな成長を示す結果になった」(同社)。

 2022年の国内AIシステム市場における市場規模は、前年比29.0%増の3576億3400万円と予測。「この市場は、経済成長スピードの鈍化が続く国内において、デジタル変革と企業価値の創造を見出そうとする意欲的な企業がリードする。AI活用の学習と経験を重ねた企業が高度な目的のためにAIシステムを活用するケースや、AIの導入スピードを優先する企業がSaaS型のAIアプリケーションを採用するケースが今後も増えるだろう」(同社)

 IDCは、「2023年のAIシステム市場は25.9%増と、前年に比べると成長スピードは鈍化するものの引き続き成長を続ける」と予測している。

 今回の発表は、同社の『国内AIシステム市場予測、2022年~2026年』で詳細を報告している。同調査レポートは、国内AIシステム市場の2021年の実績と、2022年~2026年の予測(エンドユーザー支出額ベース)を提供している。

関連キーワード

IDC / 市場調査 / 市場予測 / 新型コロナウイルス

関連記事

Special

-PR-

2021年の国内AIシステム市場は前年比26.3%成長、コロナ禍で停滞したAIプロジェクトが再開─IDCIDC Japanは2022年5月24日、国内におけるAIシステムの市場予測を発表した。2021年は市場規模(エンドユーザー支出額ベース)が前年比成長率26.3%で2771億9000万円に達する見込み。2021年~2026年の年間平均成長率(CAGR)は24.0%で推移し、2026年には8120億9900万円に達すると予測している。

PAGE TOP