[新製品・サービス]

アシスト、AIの導入活用を“伴走型”で支援するサービス「AI Buddy」を提供

2020年10月30日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2020年10月30日、AIの導入・活用を支援するサービス「AI Buddy(エーアイ・バディ)」の提供を開始した。ユーザー企業は、AI業務を外部に委託することなく自社メンバーでAIプロジェクトを進められる。価格(税別)は、AIプロジェクト開始に向けた初期アセスメントを8日間で支援する「AIスタートダッシュ」メニューで100万円から。AI Buddyのサービス実施後にリモートでサポートを受けられる「AIBoW」は、年額420万円。

 アシストの「AI Buddy(エーアイ・バディ)」は、これからAI導入にチャレンジする企業や、AIをもっと活用したい企業を対象にAIの導入・活用を支援するサービスである(図1)。アシストのデータサイエンティストが、ユーザー企業に伴走する形で支援やサポートを提供し、ユーザー企業の自走を促進する。

図1:AI Buddy/AIBoWのサービス内容(出典:アシスト)図1:AI Buddy/AIBoWのサービス内容(出典:アシスト)
拡大画像表示

 AI Buddyを使うと、AIに関連する業務を外部に委託することなく、AI Buddyの伴走でスキルトランスファーを受けながら、A自社のメンバーを主力に据えてAIプロジェクトを進行できる。自社メンバーの育成やAIリテラシの向上も同時に図れる。

 AI Buddyでは、初期アセスメントから、AIの構築支援、AIの運用支援までを提供する。

  • AIスタートダッシュ:AIプロジェクト開始に向けた初期アセスメントを支援
  • AI構築支援:AIプロジェクトの推進を伴走型で支援
  • AI運用支援:AIモデルのビジネス運用を支援

 AIで構築したモデルを業務に適用していくフェーズへ進むと、ビジネスの変化やデータの変更に合わせてモデルやパラメータの見直しが発生したり、さらなるデータ活用を目指してデータの整備やシステム連携などのニーズが出てくる。

 これに合わせ、AI Buddyサービス実施終了後の継続的な支援として、リモートでAI Buddyのサポートを受けられる 「AIBoW(AI Buddy on Web、アイボウ)」も合わせて提供する。リモートでQAやアドバイスを気軽に受けられる。

関連キーワード

アシスト / ITコンサルティング

関連記事

Special

-PR-

アシスト、AIの導入活用を“伴走型”で支援するサービス「AI Buddy」を提供アシストは2020年10月30日、AIの導入・活用を支援するサービス「AI Buddy(エーアイ・バディ)」の提供を開始した。ユーザー企業は、AI業務を外部に委託することなく自社メンバーでAIプロジェクトを進められる。価格(税別)は、AIプロジェクト開始に向けた初期アセスメントを8日間で支援する「AIスタートダッシュ」メニューで100万円から。AI Buddyのサービス実施後にリモートでサポートを受けられる「AIBoW」は、年額420万円。

PAGE TOP