[事例ニュース]

蔦屋書店、15のサービスをマイクロサービス化してAWSに移行

2021年1月13日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

蔦屋書店は、クラウドファーストを基本としたデジタル変革の第1フェーズとして、15のネットサービスをマイクロサービス化してAWS(Amazon Web Services)に移行した。第2フェーズで全サービスのクラウド化、第3フェーズでマルチクラウド化を目指す。AWSへの移行を支援したSIベンダーの富士ソフトが2021年1月13日に発表した。

 蔦屋書店は、「TSUTAYA」や「蔦屋書店」などの店舗、「TSUTAYAアプリ」や「TSUTAYAオンラインゲーム」などのオンラインサービス、店舗とネットを組み合わせた月額定額サービスの「TSUTAYAプレミアム」など、複数のサービスを展開している。それぞれのサービスのITシステムは、開発した時期が異なり、独自の改修を続けたことで、複雑に連携している状態だった。

 こうした複雑なシステムを改善するため、同社は2017年からクラウドファーストを基本としたデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。今回、第1フェーズとして、クラウド化基盤の構築に取り組み、15のネットサービスをマイクロサービス化してAWS(Amazon Web Services)に移行した。第2フェーズで全サービスのクラウド化、第3フェーズでマルチクラウド化を目指す(図1・2)。

図1:蔦屋書店のAWS移行プロジェクトの概要(出典:富士ソフト)
拡大画像表示
図1:蔦屋書店がAWS上に構築したシステム基盤の概要(出典:富士ソフト)図2:蔦屋書店がAWS上に構築したシステム基盤の構成図(出典:富士ソフト)
拡大画像表示

 ソフトウェアの再設計にあたっては、各システムで共通して使える機能と、個別の機能に切り分けた。共通して使える部分については、機能をサービス化することで、各システムで共用できるようにした。共通して使える機能は、大部分をOSS(オープンソース)化してライセンスコストも削減した。

 さらに、TerraformやAnsibleなどのIaC(Infrastructure as Code)ツールを活用し、オペレーションのコード化/自動化を図った。似たようなサービスを立ち上げる際に、これまでのアセットをそのまま利用できるようになった。

関連キーワード

蔦屋書店 / 富士ソフト / IaC / マイクロサービス

関連記事

Special

-PR-

蔦屋書店、15のサービスをマイクロサービス化してAWSに移行蔦屋書店は、クラウドファーストを基本としたデジタル変革の第1フェーズとして、15のネットサービスをマイクロサービス化してAWS(Amazon Web Services)に移行した。第2フェーズで全サービスのクラウド化、第3フェーズでマルチクラウド化を目指す。AWSへの移行を支援したSIベンダーの富士ソフトが2021年1月13日に発表した。

PAGE TOP