[調査・レポート]

国内パブリッククラウド市場は2025年まで年19.4%成長、COVID-19が企業の意識を変える─IDC Japan

2021年3月9日(火)IT Leaders編集部

IDC Japanは2021年3月8日、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。2020年は前年比19.5%増の1兆654億円だった。2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR)は19.4%で推移し、2025年の市場規模は2020年比2.4倍の2兆5866億円になる。

 IDC Japanによると、2020年の国内パブリッククラウドサービス市場は、前年比19.5%増の1兆654億円だった(図1)。2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR)は19.4%で推移し、2025年の市場規模は2020年比2.4倍の2兆5866億円になる。

図1:国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測、2020年~2025年(出典:IDC Japan)図1:国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予測、2020年~2025年(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、企業の経営戦略およびIT投資に対する意識を変え、クラウドの利用を促すことになったとIDC Japanは指摘する。

 同社がクラウド利用企業を対象に2020年10月に実施したWeb調査「国内クラウド需要調査(Japan Cloud User Survey)」では、クラウドを優先的に検討する「クラウドファースト戦略」をとる企業が65.5%で、2019年10月調査の58.5%から大きく増加している。

 調査ではまた、COVID-19の感染拡大の影響によって、42.3%の企業が「クラウドの利用促進」の重要度が高まったと回答した。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『国内パブリッククラウドサービス市場予測、 2021年~2025年』で詳細を報告している。本レポートでは、国内パブリッククラウドサービス市場の概況や動向を分析し、セグメント別に2021年~2025年までの市場予測をまとめている。

関連キーワード

IDC / 市場調査 / パブリッククラウド / 新型コロナウイルス

関連記事

Special

-PR-

国内パブリッククラウド市場は2025年まで年19.4%成長、COVID-19が企業の意識を変える─IDC JapanIDC Japanは2021年3月8日、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。2020年は前年比19.5%増の1兆654億円だった。2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR)は19.4%で推移し、2025年の市場規模は2020年比2.4倍の2兆5866億円になる。

PAGE TOP