[市場動向]

NEC、行動のサンプルを数秒の映像として与えるだけで類似行動を検出する技術を開発

人物の骨格構造を推定して骨格の変化を比較

2021年4月5日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2021年4月5日、行動のサンプルを数秒の映像として与えるだけで、ライブカメラの映像や映像アーカイブの中から、類似の行動を見つけ出す技術「オンデマンド行動検出」を開発したと発表した。今後、映像解析技術を組み合わせた見守りサービスなどの用途に向けて、実証実験を進める。

 NECの「オンデマンド行動検出」技術は、行動のサンプルを数秒の映像として与えるだけで、ライブカメラの映像や映像アーカイブの中から、類似の行動を見つけ出す技術である(写真1)。例えば、うずくまりや倒れこみなどの、支援や介助が必要な行動/動作を、商業施設などに設置したカメラの映像からリアルタイムに検出できる。

写真1:「オンデマンド行動検出」技術の応用例(出典:NEC)写真1:「オンデマンド行動検出」技術の応用例(出典:NEC)
拡大画像表示

 サンプル映像に映っている人物の骨格構造(十数個の関節点)を推定し、骨格の変化をライブカメラの映像や映像アーカイブ内の動作と比較する。これにより、類似する行動を検出する仕組みをとる(図1)。

図1:「オンデマンド行動検出」技術の概要(出典:NEC)図1:「オンデマンド行動検出」技術の概要(出典:NEC)
拡大画像表示

 対象となる行動が映っている数秒の映像をサンプルとして与えるだけで、類似行動を検出できる。映像の開始点と終了点を選択するだけで、検出したい行動を指定できる。見つけたい行動を事前に定義して学習させる手間が要らない。

 検出したい行動と人の向きが違っていても検出できる。1つの行動を検出するために複数のサンプル映像を与える必要がない。ボールを投げる動作を例にとると、カメラを背にしてボールを投げる映像をサンプルとして与えた場合でも、向きや大きさに依存しない特徴を取り出せるので、カメラに向かってボールを投げるなど向きが異なる動作を検出できる。

 リアルタイム映像から行動を検出する使い方もできる。画像そのものではなく、画像から推定した骨格の形状(十数個の関節点)を基に行動を照合する仕組みであるため、従来技術よりも計算量を抑えた。これにより、ライブカメラの映像から目的の行動をリアルタイムに検出したり、映像アーカイブから高速に検索したりできるようになった。

 NECによると、従来、特定の行動を映像から自動で検出するためには、検出したい行動が映った映像を大量に集めてAIに学習させるなどの準備が必要で、探したい行動をすぐに登録して検出する使い方は困難だった。また、行動にはバリエーションが存在するため、行動を定義してAIに学習させること自体が困難だったという。

関連キーワード

NEC

関連記事

Special

-PR-

NEC、行動のサンプルを数秒の映像として与えるだけで類似行動を検出する技術を開発NECは2021年4月5日、行動のサンプルを数秒の映像として与えるだけで、ライブカメラの映像や映像アーカイブの中から、類似の行動を見つけ出す技術「オンデマンド行動検出」を開発したと発表した。今後、映像解析技術を組み合わせた見守りサービスなどの用途に向けて、実証実験を進める。

PAGE TOP