[事例ニュース]

ニッポー、生産・販売・原価を管理するSCMシステムを稼働、Excel手作業をシステム化

2021年4月28日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

プラスチック部品の成形などを手がけるニッポーは、生産、販売、原価までを管理するSCM(サプライチェーン管理)システムを稼働させた。製品や事業部ごとにサイロ化していた生産情報を一元化して、製品別に原価を管理できるようにした。SCMアプリケーションには、ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)の「mcframe 7」を採用した。SIベンダーはコベルコシステムである。ビジネスエンジニアリングが2021年4月28日に発表した。

 プラスチック部品の成形などを手がけるニッポーは、生産、販売、原価までを管理するSCM(サプライチェーン管理)システムを稼働させた。まずは、生産管理と販売管理をシステム化した。生産管理では主に、納期回答、在庫管理、ロット管理でメリットが出ている。原価管理は次期フェーズで取り組む。

 ニッポーはこれまで、生産管理と原価管理をシステム化していなかった。代わりに、基幹業務システムから必要なデータを手作業で収集し、Excelで加工して生産状況と原価を管理していた。このため、製品ごとの原価や取引先ごとの原価を把握できていなかった。

 また、見積もり時点で設定した原価を後から変更した際に、変更した原価を細かく管理する仕組みがなかった。最終的にどれだけ原価がかかっているのかを
、検証できていなかった。

 ニッポーの事業形態も、事業部と工場の連携を困難にする一因だった。製品特性別に事業部が複数独立しており、独立採算制を採用していた。また、製品の製造にあたっては、自社生産だけでなく社内間取引が多く発生していた。

 こうした経緯から、基幹システムの刷新にともない、新たなSCMシステムを構築した。採用したmcframe 7は、製造業向けの生産・販売・原価統合パッケージソフトウェアである。

関連キーワード

ニッポー / B-EN-G / MCFrame / 生産管理 / サプライチェーン

関連記事

Special

-PR-

ニッポー、生産・販売・原価を管理するSCMシステムを稼働、Excel手作業をシステム化プラスチック部品の成形などを手がけるニッポーは、生産、販売、原価までを管理するSCM(サプライチェーン管理)システムを稼働させた。製品や事業部ごとにサイロ化していた生産情報を一元化して、製品別に原価を管理できるようにした。SCMアプリケーションには、ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)の「mcframe 7」を採用した。SIベンダーはコベルコシステムである。ビジネスエンジニアリングが2021年4月28日に発表した。

PAGE TOP