【Special】

先駆者に学ぶCPaaSの価値〜「迷うよりも試す」が競争力獲得の近道に

2021年10月12日(火)

多様なコミュニケーション機能をAPIで連携させるなどして、自社要件にジャストフィットするシステムの作り込みを可能とするクラウドサービス「CPaaS(Communications Platform as a Service)」。その代表格であるTwilioは国内でもすでに多数の実績を積んでいる。先駆的なユーザー各社は、何を評価して採用を決断したのか。また、この先はどのような展開を考えているのか。本稿では、WED株式会社、コグラフ株式会社、playground株式会社のキーパーソンに話を伺った。

─皆さまの会社の事業概要と、どんな所でTwilioを活用されているのかを紹介頂きたいと思います。まずはWEDの佐原さんから口火を切って頂けますか。

佐原:WED株式会社は、スマホアプリを介して消費者が撮影したレシート画像を収集し、金銭や各種クーポンなどを還元するレシート買取アプリ「ONE」を手掛けています。買い物が済んだ時点で捨てられることの多いレシートですが、そこに記載された情報をビッグデータとして大量に収集すれば、企業のマーケティング活動などに有益な“価値ある情報”へと昇華させることができます。当社は、そこに軸足を置いて事業を展開しています。

WED株式会社 VP of Ops 佐原 恭平 氏

一人ひとりの購買実績といった個人情報を取り扱いますし、マーケティングデータとしての品質を追求する観点からも、しっかりとした本人確認が必要なことは言うまでもありません。そこで活用しているのがTwilio VerifyのSMS認証の仕組みです。我々がターゲットとしている消費者層のほとんどは携帯電話を所有しており、それが固有IDとして機能するSMS認証であれば信頼性も経済性も優れていますし、先々にサービスが増えることを想定してもスピーディーに対応できると考えました。

─続いて、コグラフさん、宜しくお願いします。

横山:当社の主要サービスの一つ「Mayai(マヤイ)」では、外からかかってくる電話に自動応答する仕組みを提供しています。IVRで24時間、電話対応するのに加え、録音データからその内容をAIがテキストとして書き起こし、録音を聞くためのURLや受電日時、相手の電話番号などとともに利用者のスマホへ通知します。受け取った人は、そこで重要度や優先度を判断し、必要に応じて電話をかけ直すといったことができるわけですね。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です

先駆者に学ぶCPaaSの価値〜「迷うよりも試す」が競争力獲得の近道に多様なコミュニケーション機能をAPIで連携させるなどして、自社要件にジャストフィットするシステムの作り込みを可能とするクラウドサービス「CPaaS(Communications Platform as a Service)」。その代表格であるTwilioは国内でもすでに多数の実績を積んでいる。先駆的なユーザー各社は、何を評価して採用を決断したのか。また、この先はどのような展開を考えているのか。本稿では、WED株式会社、コグラフ株式会社、playground株式会社のキーパーソンに話を伺った。

PAGE TOP