[事例ニュース]

JAL、南紀白浜空港において保安検査に画像認識AIを適用する実証実験に参加

2022年3月3日(木)IT Leaders編集部

日本航空(JAL)は2022年3月1日、南紀白浜エアポートと日立製作所が2021年8月から実施している「保安検査を支援する人工知能(AI)技術の実用化に向けた実証実験」に参画した。南紀白浜空港において保安検査に画像認識AIを適用する実証実験である。JALの参画により、危険物に関する最新情報や他空港での知見をいち早く共有して学習させることが可能になり、AIの精度向上につながる。

 JALは、南紀白浜エアポートと日立製作所が2021年8月から実施している「保安検査を支援する人工知能(AI)技術の実用化に向けた実証実験」に参画した。南紀白浜空港において、保安検査に画像認識AIを適用する。JALの参画により、危険物に関する最新情報や他空港での知見をいち早く共有して学習させることが可能になる。AIの精度向上につながる。

図1:実証に用いるX線検査判定支援システムの概要(出典:日本航空)図1:実証に用いるX線検査判定支援システムの概要(出典:日本航空)
拡大画像表示

 これまでの実証実験でAIに学習させた危険物の情報に加えて、JALが提供する保安検査(手荷物検査)に関するノウハウを踏まえたソフトウェアのチューニングと、AIの追加学習を実施する。これを活用し、X線検査装置で取得した手荷物画像データに対する自動検知状況(検知率、誤検知率)、および保安検査員の評価を確認する。これにより、目視による危険物検知の効率化を図る。

 実証に用いるX線検査判定支援システムの概要と仕組みは、図1の通りである。既存X線装置の操作を変更することなく、AIが視覚的なサポートを実施し、検査員の負荷を軽減する。AIは、X線の画像を分析し、検知した物品名を表示し、検査員に注意を促す。物品が重なっていても見分けられるとしている。実証の実験期間は、2022年3月1日~2023年3月末日を予定している。

 実証実験の役割分担は、以下の通り。JALは、実証実験の対象データを提供する。さらに、保安検査(手荷物検査)に関するノウハウを提供する。南紀白浜エアポートは、実証実験を実施する南紀白浜空港を運営する。関係機関や空港事業者との各種調整や、空港保安業務全般に関する助言を実施する。日立製作所は、実証実験の作業をとりまとめる。必要な機器の準備と設置、ソフトウェアのチューニング、AIの追加学習などを実施する。

 今後は、他空港にも実証場所を拡充する。また、AIが学習する持込禁止物の仕様・形状の幅を広げるなど、より汎用性の高い技術の確立を目指す。

関連キーワード

日本航空 / 南紀白浜エアポート / 日立製作所

関連記事

Special

-PR-

JAL、南紀白浜空港において保安検査に画像認識AIを適用する実証実験に参加日本航空(JAL)は2022年3月1日、南紀白浜エアポートと日立製作所が2021年8月から実施している「保安検査を支援する人工知能(AI)技術の実用化に向けた実証実験」に参画した。南紀白浜空港において保安検査に画像認識AIを適用する実証実験である。JALの参画により、危険物に関する最新情報や他空港での知見をいち早く共有して学習させることが可能になり、AIの精度向上につながる。

PAGE TOP