[新製品・サービス]

「我々がSDNをリードする」、米シスコシステムズが クラウド対応製品とネットワーク仮想化技術を発表

2012年6月18日(月)IT Leaders編集部

米シスコシステムズは6月10日から14日にかけ、同社は米国サンディエゴで年次カンファレンス「CiscoLive2012」を開催。それに併せて「Cloud Connected Solution」、「Cisco Open Network Environment(ONE)」という2つのソリューション(製品やサービス)を発表した。2つの発表内容を解説する。

「Cisco Open Network Environment」”ネットワーク仮想化”に向け、第一歩を踏み出す

写真2 Cisco ONEに関わるのは、写真の右側にある
「New」の部分。それぞれがネットワークのどの層に
相当するかを示している
写真2 Cisco ONEに関わるのは、写真の右側にある「New」の部分。それぞれがネットワークのどの層に相当するかを示している

「今、ビジネスとITに関して大きな変化が起きている。モバイルやBYOD、SaaSやIaaSのようなクラウド、ソーシャルビデオなどのコラボレーションがその牽引役だ。ここにサイバーセキュリティ、ITの生産性、エネルギー問題などが加わる。企業はそれらをすべて担う必要がある。ではどうやって?その答えが、インテリジェント・ネットワークだ」(同社CTOのPadmasree Warriorエンジニアリング担当上級副社長)。

この言葉を前置きにして、シスコは「Cisco Open Network Environment(Cisco ONE)」を発表した(写真2)。ネットワーク関連企業が競って取り組むSDN(Software Define Network)に関するシスコの回答であり、情報システム分野でも認知度が高まっているOpenFlowやOpenStack、VXLAN(仮想的に拡張可能なLAN)などの最新技術を含む。

内容は3つある。一つがOne Platform Kit(onePK)。シスコ製品のOSであるIOSやIOS-XR、NX-OSで稼働するアプリケーションの開発キット(SDK)と、その際に利用可能なAPIをセットにしたものだ。API経由でネットワークの混雑状況やアクセス中のユーザー属性などの情報を獲得でき、ネットワークのポリシーや挙動を変更できる。

第2がSDNに欠かせないOpenFlowのエージェントとコントローラソフト。 Catalyst 3750-Xシリーズおよび3560-Xシリーズのスイッチ向けに提供する。ただし現時点ではPoC(実証実験段階)の位置づけであり、学術向けの提供が中心。製品として正式にサポートするわけではない。「OpenFlowにはセキュリティなどに関わる標準が存在しないし、これからも(仕様が)変化する。現時点では顧客が自社ネットワークにデプロイできる状況ではないと判断している」(同社)。すでに数社のネットワーク機器ベンダーがOpenFlowを製品化しているが、シスコの場合、技術開発の方向性を示した意向表明の色が強いわけだ。

3番目が仮想スイッチNexus1000vの機能拡張である。まずVXLANゲートウェイのサポートにより、物理LANの限界を超えて仮想マシンを移動させられるようになる。第2に、現在はVMwareだけに対応しているのを、9月にHyper-V、その後にはCitrix Xen とRed Hat's KVMにも対応させ、主要なハイパーバイザーを網羅する。加えてオープンソースのクラウド基盤「OpenStack」におけるネットワーク制御機能「Quantum」をサポートする。さらにNexus1000vのvPathにサービス連携(Chaning)を追加する。これらにより「Nexus1000Vは、クラウド事業者にとって極めて魅力的な製品になる」。

このようにCisco ONEは、開発者向けのSDK、PoC段階のソフトウェア、仮想スイッチの具体的な機能拡張などの合わせ技だ。これについてシスコは「一口にSDNといっても多彩な側面がある。教育研究機関ではネットワークのスライシング、大規模データセンターはフローの管理、クラウド事業者になるとOpenFlowよりもOpenStack、一般企業ではプライベートクラウドが当面の優先課題だ。我々は、これら多彩なニーズに対応する、業界で最も包括的なアプローチとしてCisco ONEを提供することにした」と説明する。

それでも競合他社がOpenFlow対応製品を発表する中でシスコは技術の方向性を決めきれず、後れを取らないようにCisco ONEを発表したようにも見える。メディア向けの説明会でこの点を聞かれたジョン・チェンバース同社CEOは、「我々はクラウド戦略ではほんの少し遅れたかも知れない。しかしSDNはそうではない。今はまだアーリーステージ(初期段階)だ。今回の発表で、我々が(SDNを)リードしていることを理解出来るだろう」と強調した。

関連キーワード

SDN

関連記事

Special

-PR-

「我々がSDNをリードする」、米シスコシステムズが クラウド対応製品とネットワーク仮想化技術を発表 [ 2/2 ] 米シスコシステムズは6月10日から14日にかけ、同社は米国サンディエゴで年次カンファレンス「CiscoLive2012」を開催。それに併せて「Cloud Connected Solution」、「Cisco Open Network Environment(ONE)」という2つのソリューション(製品やサービス)を発表した。2つの発表内容を解説する。

PAGE TOP