[海外動向]

【Enterprise World 2014】BPMと非構造データ連携で“Digital First”に、加OpenTextが進めるレガシー再生

2014年12月12日(金)志度 昌宏(DIGITAL X編集長)

クラウドやモバイルには対応したいが既存環境はどうすべきか−−。こうした課題に対し、「EIM(Enterprise Information Management)」を掲げ、ビジネスプロセスの統合/自動化を提案するのが加OpenTextだ。クラウド/モバイル側から発せられるメッセージが氾濫する今、バックエンドを意識したEIMの概念は、企業運営を考えるうえで参考になるだろう。2014年11月に開かれた同社の年次イベント「Enterprise World 2014」での基調講演や専門セッションからEIM像とOpenTextの戦略を紹介する。

 これらSP1の中でも、デジタルファーストに向けた“糊”としての重要な役割を担うのが、BPMとIXだ。BPMのスイート製品は、買収した蘭Codsyの製品を元に開発する「Process Suite」、IXの中核に位置するTradingGridも買収したGXSのEDIネットワークや、EDIに付随するBPO(Business Process Outsourcing)サービスなどから構成されている(関連記事『基礎から分かる『EDI再入門』〜グローバル企業のビジネス情報連携方法〜』)。

写真2:Systems of RecordとSystems of EngagementをTradingGridでつなぎ、Process Suiteで新しい業務プロセスを管理する写真2:Systems of RecordとSystems of EngagementをTradingGridでつなぎ、Process Suiteで新しい業務プロセスを管理する
拡大画像表示

 つまり、ERPシステムなど「Systems of Record」と呼ばれる既存システムと、モバイルやIoTなど「Systems of Engagement」と呼ばれる新しいシステムとの間でやり取りするデータをTradingGridで交換。両者をつないで生まれる新しい業務プロセスをProcess Suiteで管理することで、企業情報システム全体の自動化や最適化を図るというシナリオだ(写真2)。

BPMツール上にフレームワークやアプリケーションを用意

写真3:Process Suiteの構成写真3:Process Suiteの構成
拡大画像表示

 BPMを容易に適用できるよう、Process Suiteは大きく2つの層からなっている。基本機能を提供する「Process Platform」と、その使い勝手を高める「Process Component Library(PCL)」である(写真3)。

 PCLは、ケースマネジメントなど汎用的な機能を集めたサービス部品群だ。「Framework Components」と「Functional Components」「Interface Components」の3つに分かれている。

 例えばInterface Componentsは、事業部門の担当者などが、よりビジネスに近い視点でプロセスマネジメントを設定/変更できるようにする。具体的は、ロールベースやビジネスベースでのプロセスマネジメント機能や、ナビゲーション機能である。

 PlatformとPCLを使い、SCM(Supply Chain Management)やCloud連携のためのアプリケーション群も用意する。

企業のITガバナンスを確立し戦線拡大に備える

 Process Suiteには、もう1つの役割がある。企業活動の基盤となるITガバナンス(Governance)の確立だ。EIMでは、ECMによって、EDIで扱う受発注データといった構造化データに、その根拠になる文書情報などを併せて提供することで、ビジネストランザクションの正確さや、修正/変更時に発生する確認作業などのスピードアップを図る。

写真4:加OpenTextが描く「Digital Enterprise」の概念写真4:加OpenTextが描く「Digital Enterprise」の概念
拡大画像表示

 そこでは、「多種多様なフォーマットの情報を取り込み、マネジメントし、情報を必要としている人に必要な情報だけを正しく伝えられなければならない」とする。それには、企業全体を貫くプロセス管理が不可欠であり、これによってガバナンスを効かせる。OpenTextは、こうした姿の企業情報システムを「Digital Enterprise」と呼ぶ(写真4)。

写真5:SAP製品群におけるOpenText製品の位置付け写真5:SAP製品群におけるOpenText製品の位置付け
拡大画像表示

 Digital Enterpriseは、OpenTextだけでなく、独SAPなどERPベンダーも賛同の姿勢を見せる。基調講演2日目にはSAPでデータベースとテクノロジーを担当するグローバルVPのクリス・ハレンベック氏が登壇。同社が進めるマーケットプレイスの「Ariba」やタレントマネジメントの「successfactors」、臣にチャネル構築の「Hybris」といったSystems of Engagementを既存のERPにつなぐためにECM Suiteなどを活用する(写真5)。

 ハレンベック氏は、「Digital時代には企業情報システムがもつべき機能は拡大し複雑化していく。そこにECM Suiteのような仕組みを加味することで、シンプル化を図る必要がある。シンプルさこそが、アジリティ(俊敏性)につながっていく」と強調する。OpenTextは、対SAPと同様の環境を、米Microsoftや米OracleなどのERPシステムに対しても提供する。

関連キーワード

OpenText / BPM / レガシーマイグレーション / モダナイゼーション

関連記事

Special

-PR-

【Enterprise World 2014】BPMと非構造データ連携で“Digital First”に、加OpenTextが進めるレガシー再生 [ 2/3 ] クラウドやモバイルには対応したいが既存環境はどうすべきか−−。こうした課題に対し、「EIM(Enterprise Information Management)」を掲げ、ビジネスプロセスの統合/自動化を提案するのが加OpenTextだ。クラウド/モバイル側から発せられるメッセージが氾濫する今、バックエンドを意識したEIMの概念は、企業運営を考えるうえで参考になるだろう。2014年11月に開かれた同社の年次イベント「Enterprise World 2014」での基調講演や専門セッションからEIM像とOpenTextの戦略を紹介する。

PAGE TOP