[ユーザー事例]

サントリー、オンプレミスの全サーバーをAWSに移行完了、2020年8月にデータセンターを解約

2020年10月27日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

サントリーは、グローバルで300社以上に上るグループ企業のシステムが稼働するITインフラ基盤として、Amazon Web Services(AWS)を採用した。新規システムをAWS上に構築するほか、現在オンプレミスのデータセンターで稼働しているシステムをすべてAWSに移行する。2019年4月に移行計画がスタートし、先陣を切る日本では現在までに1000以上のサーバーを含む全システムをAWSに移行させた。シンガポールと日本にあったデータセンターをシャットダウンすることで、ITインフラの運営コストを25%削減した。アマゾン ウェブ サービス ジャパンが2020年10月27日に開催した会見にサントリーシステムテクノロジーが登壇し、サントリーのAWS移行の詳細を説明した。

写真1:サントリーシステムテクノロジーの取締役で基盤サービス部長を務める加藤芳彦氏(提供:サントリーシステムテクノロジー)写真1:サントリーシステムテクノロジーの取締役で基盤サービス部長を務める加藤芳彦氏(提供:サントリーシステムテクノロジー)

 サントリーは、グループ企業のシステムが稼働するグローバルのITインフラ基盤として、パブリッククラウドサービスのAmazon Web Services(AWS)を採用した。新規システムをAWS上に構築するだけでなく、現在オンプレミスのデータセンターで稼働しているシステムを、すべてAWSに移行する。

 日本、アジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパの5つのリージョンごとに、移行スケジュールを作成済み(図1)。先陣を切る日本は2019年7月に移行を開始。1000台のサーバーを含む全環境を移行し、2020年7月に実質1年間で移行を完了させた。2020年8月にはオンプレミスのデータセンターを解約した。

 会見では、日本でのシステム移行に携わったサントリーシステムテクノロジーの取締役で基盤サービス部長を務める加藤芳彦氏(写真1)が登壇し、AWSへのシステム移行のポイントを解説した。

図1:日本、アジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパの5つのリージョンごとに移行スケジュールを立てた。先陣を切る日本は2019年7月から2020年7月の実質1年間で1000台を超えるサーバーをAWSに移行した(出典:サントリーシステムテクノロジー)図1:日本、アジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパの5つのリージョンごとに移行スケジュールを立てた。先陣を切る日本は2019年7月から2020年7月の実質1年間で1000台を超えるサーバーをAWSに移行した(出典:サントリーシステムテクノロジー)
拡大画像表示

移行リスクの高いシステムから移行し、移行の課題を抽出

 システム移行中は、既存システムとAWS上のシステムを並行稼働させる必要があった。このため、移行計画フェーズでは、数回の合宿を経て、新システムの構成と、過渡期のシステムの構成を考えた。

 すべてのシステムをAWSに移行することが決まっていたので、移行のリスクが高いシステムから順に移行する方針をとった(図2)。まずは大量のデータ処理が必要なシステムや、外部システムとの連携が網羅的に確認できるものから移行させた。この選択をしたことにより、移行の初期段階で、想定以上の課題が発生した。

図2:日本におけるサントリーのAWS移行スケジュール。すべてのシステムをAWSに移行することが決まっていたので、移行のリスクが高いシステムから順に移行させ、課題を抽出した(出典:サントリーシステムテクノロジー)図2:日本におけるサントリーのAWS移行スケジュール。すべてのシステムをAWSに移行することが決まっていたので、移行のリスクが高いシステムから順に移行させ、課題を抽出した(出典:サントリーシステムテクノロジー)
拡大画像表示

 移行の初期段階で想定を超える課題が発生したため、2019年10月以降の移行ペースを緩めつつ、課題解決に専念するフェーズを設けた。2019年末には、時間をとって移行方法を見直した。

 「定期的に見直して改善を加えることで、実質1年間で1000台を超えるサーバーを移行できた」と加藤氏は評価する。

●Next:サントリーがAWSに移行する上で苦労したポイント

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

サントリー / AWS / 食品 / 製造

関連記事

Special

-PR-

サントリー、オンプレミスの全サーバーをAWSに移行完了、2020年8月にデータセンターを解約サントリーは、グローバルで300社以上に上るグループ企業のシステムが稼働するITインフラ基盤として、Amazon Web Services(AWS)を採用した。新規システムをAWS上に構築するほか、現在オンプレミスのデータセンターで稼働しているシステムをすべてAWSに移行する。2019年4月に移行計画がスタートし、先陣を切る日本では現在までに1000以上のサーバーを含む全システムをAWSに移行させた。シンガポールと日本にあったデータセンターをシャットダウンすることで、ITインフラの運営コストを25%削減した。アマゾン ウェブ サービス ジャパンが2020年10月27日に開催した会見にサントリーシステムテクノロジーが登壇し、サントリーのAWS移行の詳細を説明した。

PAGE TOP