[新製品・サービス]

ISID、AIモデルの開発・運用基盤「OpTApf」を強化、時系列データの前処理加工が可能に

2021年2月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

電通国際情報サービス(ISID)は2021年2月8日、AIモデルの開発と運用を自動化するサービス「OpTApf」(オプタピーエフ)を強化したと発表した。同日提供を開始した。新たに、時系列データの活用にあたって必須となる、データの前処理加工を行う新機能「タイムスフィーチャ機能」を搭載した。OpTApfの利用料金(税別)は、月額40万円から(クラウド環境利用料は含まず)。

 OpTApfは、Azureのマシンラーニング(機械学習)機能である「Azure Machine Learning」を使って、数百種類のロジックから最適なAIモデルを3ステップで構築できるサービスである。AIの専門知識がなくても、分析したいデータを投入して簡単な設定を行うだけで、AIモデルを構築できる。構築したAIモデルは、OpTApfが自動でAPI化するため、他システムから業務利用できる。

 今回、OpTApfを強化し、時系列データの活用を支援する「タイムスフィーチャ機能」を開発した(図1)。 時系列データの前処理加工を、簡単なオペレーションで行える。時系列データを投入する際に、目的変数と、分析粒度であるウィンドウのサイズを指定するだけで、データ活用に必要となる前処理加工からAIモデルの構築までをOpTApfが自動で処理する。

図1:時系列データの活用に必要な、データの前処理加工を行う「タイムスフィーチャ機能」の概要(出典電通国際情報サービス)図1:時系列データの活用に必要な、データの前処理加工を行う「タイムスフィーチャ機能」の概要(出典電通国際情報サービス)
拡大画像表示

 背景には、機器の故障や各種需要などを予測するAIモデルの開発において、精度の高いモデルを構築するために、事象の時間的な変化を観測して得られる時系列データの適切な活用が必要になっている状況がある。

 しかし、時系列データの活用には、データが持つ特徴量と分析したい時間の粒度にあわせて、データを整えることが求められる。これらの工程は、専門知識を持つデータサイエンティストが行うことが一般的だった。

関連キーワード

電通国際情報サービス / OpTApf

関連記事

Special

-PR-

ISID、AIモデルの開発・運用基盤「OpTApf」を強化、時系列データの前処理加工が可能に電通国際情報サービス(ISID)は2021年2月8日、AIモデルの開発と運用を自動化するサービス「OpTApf」(オプタピーエフ)を強化したと発表した。同日提供を開始した。新たに、時系列データの活用にあたって必須となる、データの前処理加工を行う新機能「タイムスフィーチャ機能」を搭載した。OpTApfの利用料金(税別)は、月額40万円から(クラウド環境利用料は含まず)。

PAGE TOP