[新製品・サービス]

ヤマハ、L2スイッチの新エントリーシリーズ「SWX2110」、VLAN搭載、小型化で設置性向上

2021年3月15日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヤマハは2021年3月15日、サーバー機やクライアントPCなどのネットワーク端末を社内LANに接続するレイヤー2スイッチ機器のエントリーシリーズを刷新し、新たに「SWX2110シリーズ」を発表した。既存シリーズ「SWX2100シリーズ」と比べて小型化して設置性を高めたほか、これまで搭載していなかったVLAN機能などを追加した。2021年4月から提供する。価格(税別)は、最もエントリーに位置する「SWX2110-5G」(5ポート型)で9800円など。

 ヤマハの「SWX2110」シリーズ(写真1)は、サーバー機やクライアントPCなどのネットワーク端末を社内LANに接続するレイヤー2スイッチ機器のエントリーシリーズである。ネットワークの構築に必要な機能・性能に絞った“シンプルL2スイッチ”を標榜している。上位製品の多機能スイッチ(スマートスイッチ、インテリジェントスイッチ)と差異化を図っている。

写真1:SWX2110シリーズの外観写真1:SWX2110シリーズの外観(出典:ヤマハ)
拡大画像表示

 エントリーに位置するスイッチ機器だが、ヤマハ製のルーター機器や多機能スイッチ機器と組み合わせることで、ルーター/多機能スイッチを介してネットワークポートの状態や帯域使用量などを可視化できる(図1)。ネットワークのトポロジをLANマップとして表現し、ループの発生など接続端末の異常を検出して通知できる。

図1:ヤマハ製のルーター機器や多機能スイッチ機器と組み合わせることで、ルーター/多機能スイッチを介してネットワークポートの状態や帯域使用量などを可視化できる(出典:ヤマハ)図1:ヤマハ製のルーター機器や多機能スイッチ機器と組み合わせることで、ルーター/多機能スイッチを介してネットワークポートの状態や帯域使用量などを可視化できる(出典:ヤマハ)
拡大画像表示

 ヤマハのルーター/多機能スイッチを持っていない場合は、ヤマハが無償で提供している管理ソフトウェア「Yamaha LAN monitor」を使って管理できる。なお、PoEスイッチは、ヤマハルーターや管理ソフトウェアと組み合わせることで、Ping応答がない場合に自動でPoE給電をオフ/オンできる。定期的に死活監視を実施して、レスポンスがない端末を再起動させる運用がとれる。

新シリーズではVLAN機能を搭載

 新シリーズでは、従来シリーズ「SWX2100シリーズ」と比べて、ソフトウェアの機能を拡充した。従来シリーズが備えない機能として、VLAN機能(ポートVLANおよびタグVLAN)を搭載した。LANマップ画面から複数のスイッチにまたがって一元的にVLANを設定できる。

 このほか、ネットワークトラフィックを監視・解析するためのポートミラーリング機能や、不正な端末を接続しているポートを遮断するポートシャットダウン機能を追加した。特定の通信を優先して送信するQoS(DSCP、WFQ)機能も追加した。

●Next:ハードウェアの強化点とスペック表

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

ヤマハ / L2スイッチ / VLAN

関連記事

Special

-PR-

ヤマハ、L2スイッチの新エントリーシリーズ「SWX2110」、VLAN搭載、小型化で設置性向上ヤマハは2021年3月15日、サーバー機やクライアントPCなどのネットワーク端末を社内LANに接続するレイヤー2スイッチ機器のエントリーシリーズを刷新し、新たに「SWX2110シリーズ」を発表した。既存シリーズ「SWX2100シリーズ」と比べて小型化して設置性を高めたほか、これまで搭載していなかったVLAN機能などを追加した。2021年4月から提供する。価格(税別)は、最もエントリーに位置する「SWX2110-5G」(5ポート型)で9800円など。

PAGE TOP