[新製品・サービス]

AIカメラに組み込んで使う20個のAIアルゴリズム集、AI Dynamics Japanが販売

評価用に「滞在人数カウント」「物体検知アラート(乗り物)」「ラーメン種別推定」を無料公開

2021年8月31日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

AI Dynamics Japanは2021年8月31日、AIアルゴリズム集「Package20」を発表した。ソラコムのAIカメラ「S+ Camera」にインストールして利用する。同年10月末からソラコムのWebサイトでオンライン販売する。価格(税込み)は9800円。リリースに先駆け、全20個のうち3個のアルゴリズムを公開した。8月31日から10月31日まで無料で評価利用できる。

 AI Dynamics Japanの「Package20」は、AIカメラやエッジデバイスなどで動作する、画像認識アプリケーション用のAIアルゴリズム集である(写真1)。顧客属性推定や物体検出アラートなど問い合わせの多いAIアルゴリズムや、コロナ禍でニーズが高いマスク着用検出やエリア滞在人数カウントなどのAIアルゴリズムなどを厳選して開発したという。AIを試験的に運用したいユーザーなどを対象に販売する。

写真1:AIアルゴリズムの1つ「滞在人数カウント」の利用画面(出典:AI Dynamics Japan)写真1:AIアルゴリズムの1つ「滞在人数カウント」の利用画面(出典:AI Dynamics Japan)
拡大画像表示

 現時点では、ソラコムのAIカメラ「S+ Camera」にインストールして利用する形に限られる。今後、NVidia Jetson、Raspberry Piなどのエッジデバイスでも利用できるようにする予定である。これらのAIアルゴリズムを試し、より高度なAI活用に移行するユーザーに対しては、AIのコンサルティングサービスも提供する。

 Package20では、人数のカウントやナンバープレートの読み取りなど、カメラ映像を画像解析するアルゴリズムを20個揃えた(表1)。また、製品リリースに先駆け、「滞在人数カウント」「物体検知アラート(乗り物)」「ラーメン種別推定」の3つのアルゴリズムを、評価用に公開した。これら3つのアルゴリズムは、2021年10月31日まで無料で提供する。デバイス(S+ Camera)へのインストールと設定はユーザー自身で行う必要がある。

表1:2021年10月末にリリース予定のAIアルゴリズム(17種類)と、サンプル提供中のAIアルゴリズム(3種類)
名称 内容
サンプル提供中のAIアルゴリズム(2021年10月末まで無料提供)
滞在人数カウント カメラが捉えた人物をカウントし、通知する
物体検知アラート(乗り物) 乗り物(車、トラック、バイク、バス、自転車)を検出し、通知する
ラーメン種別推定 4種(塩、醤油、味噌、豚骨)のうち、どの味のラーメンに近いか推定する
2021年10月末にリリース予定のAIアルゴリズム
顧客属性判定 カメラが顔を検出すると、年齢と性別を推定する
通行量カウント カメラの前を通過した人数をカウントする
禁止エリア侵入検知アラート カメラが指定区域内に人物を検出すると、通知する
マスク未着用者検知アラート カメラが人物を検知すると、マスク着用有無を通知する
ナンバープレートOCR 車両のナンバープレートを読み取る
駐車台数カウント カメラが捉えた車台数をカウントする
段ボール検知 カメラが段ボールを検出すると、個数を通知する
ヘルメット検知 ヘルメットの着用有無を検出し、通知する
QRコード検知 QRコードを読み取る
滞在時間計測 カメラが捉えた人物の滞在秒数を計測する
動線分析 カメラが捉えた人物の移動経路を記録する
表情分類 顔を検出表情を推定する
物体検知アラート(猫) カメラが猫を検出すると、通知する
物体検知アラート(犬) カメラが犬を検出すると、通知する
物体検知アラート(人物) カメラが人物を検出すると、通知する
物体検知アラート(トラック) カメラがトラックを検出すると、通知する
物体検知アラート(スマートフォン) カメラがスマートフォンを検出すると、通知する

滞在人数カウントや乗り物検知を試用可能

 サンプル提供を開始した3つのアルゴリズムの内容を紹介している。「滞在人数カウント」は、S+ Cameraの標準レンズで、概ね5m範囲内のカメラが捉えた人数をカウントする。商業施設などにおいて、店内の混雑状況の把握や、従業員の配置計画の検討が行える。人数をカウントした結果は、ソラコムのクラウドサービスにアップロードする。

 「物体検知アラート(乗り物)」は、S+ Cameraの標準レンズで、概ね10m範囲内のカメラが捉えた乗り物(車、トラック、バイク、バス、自転車)を検知する。検知した乗り物の数に変化があった時にメールで通知する。メール通知と同時に、ソラコムのクラウドサービスに台数情報とAI処理画像をアップロードする。宅配業者や、車での来客の到着時のアラートとしての活用を想定している。

 「ラーメン種別推定」は、カメラが捉えた画像から、4種のラーメン(味噌ラーメン、塩ラーメン、醤油ラーメン、豚骨ラーメン)のうち、どのラーメンに近いかをAIが推定する。結果はソラコムのクラウドサービスにアップロードする。ラーメンではないもの(例えば人物の顔)を撮影し、どのラーメンに近いかを推定させるといった使い方もできる。

関連キーワード

AI Dynamics Japan / ソラコム / 画像認識

関連記事

Special

-PR-

AIカメラに組み込んで使う20個のAIアルゴリズム集、AI Dynamics Japanが販売AI Dynamics Japanは2021年8月31日、AIアルゴリズム集「Package20」を発表した。ソラコムのAIカメラ「S+ Camera」にインストールして利用する。同年10月末からソラコムのWebサイトでオンライン販売する。価格(税込み)は9800円。リリースに先駆け、全20個のうち3個のアルゴリズムを公開した。8月31日から10月31日まで無料で評価利用できる。

PAGE TOP