[新製品・サービス]

Google Cloudの新データベース「AlloyDB」、拡張性とPostgreSQL互換性を両立

2022年5月12日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

グーグル・クラウド・ジャパンは2022年5月12日、説明会を開き、米グーグルがプライベートイベント「Google I/O 2022」で発表した新たなデータベースサービス「AlloyDB for PostgreSQL」の技術や特徴について説明した。PostgreSQLとの互換性の確保に加えて、コンピュートとストレージを分離したアーキテクチャなどによる性能向上が特徴である。

 グーグルの「AlloyDB for PostgreSQL」(以下、AlloyDB)は、Google Cloud上で利用可能な新たなデータベースサービスである。PostgreSQLとの互換性の確保に加えて、コンピュートとストレージを分離したアーキテクチャなどによる性能向上が特徴である(図1)。

図1:AlloyDBは、コンピュートとストレージを分離したアーキテクチャなどによって性能を高めている(出典:グーグル・クラウド・ジャパン)図1:AlloyDBは、コンピュートとストレージを分離したアーキテクチャなどによって性能を高めている(出典:グーグル・クラウド・ジャパン)
拡大画像表示

 グーグルはこれまで2つのPostgreSQLデータベースを提供してきた。PostgreSQL/MySQL/SQL Serverをマネージド型で提供する「Cloud SQL」と、クラウド技術によりスケーラビリティと可用性を高めた「Cloud Spanner」である。

 今回発表されたAlloyDBは、Cloud Spannerのようにクラウド技術を生かして拡張性や性能を高めつつ、PostgreSQLとの完全互換をうたっている。Cloud SpannerよりもPostgreSQLとの互換性が高く、既存のPostgreSQLアプリケーションをコードの変更なしに移行可能という。

 性能については、同社のテストによると、標準的なPostgreSQLと比べて、1分あたりのOLTP(オンライントランザクション処理)量が4倍になったという。また、分析クエリーについては、キャッシュなどの工夫により、PostgreSQLで60.37秒かかった処理が0.42秒で済むなど、最大で100倍に高速化したとしている。

●Next:AlloyDBのアーキテクチャの特徴

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

Google / AlloyDB / Google Cloud / PostgreSQL / RDBMS

関連記事

Special

-PR-

Google Cloudの新データベース「AlloyDB」、拡張性とPostgreSQL互換性を両立グーグル・クラウド・ジャパンは2022年5月12日、説明会を開き、米グーグルがプライベートイベント「Google I/O 2022」で発表した新たなデータベースサービス「AlloyDB for PostgreSQL」の技術や特徴について説明した。PostgreSQLとの互換性の確保に加えて、コンピュートとストレージを分離したアーキテクチャなどによる性能向上が特徴である。

PAGE TOP