[新製品・サービス]

HPE、垂直統合型のマシンラーニング開発基盤を発表、大規模AIモデルの短期構築を支援

データを分散させたまま学習可能なソフトウェアも用意

2022年5月25日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE/日本ヒューレット・パッカード)は2022年5月25日、2つのAI製品を発表し、同日に提供を開始した。垂直統合型のマシンラーニング(機械学習)開発プラットフォーム「HPE Machine Learning Development System」と、学習用データを分散型で学習し結果を共有・統合する分散学習プラットフォーム「HPE Swarm Learning」である。

 HPE/日本ヒューレット・パッカードは、AIを活用するための2つの新製品を発表し、提供を開始した。垂直統合型のマシンラーニング(機械学習)開発プラットフォーム「HPE Machine Learning Development System」と、学習用データを分散型で学習し結果を共有・統合する分散学習プラットフォーム「HPE Swarm Learning」である。

 HPE Machine Learning Development Systemは、大規模なマシンラーニングに必要なソフトウェア/ハードウェア群を垂直統合型で提供するプラットフォーム製品である。中核となるソフトウェア「HPE Machine Learning Development Environment」は、米HPEが2021年6月に買収した米Determined AIの技術がベースになっている(図1)。

図1:HPE Machine Learning Development Systemのシステム構成(出典:日本ヒューレット・パッカード)図1:HPE Machine Learning Development Systemのシステム構成(出典:日本ヒューレット・パッカード)
拡大画像表示

 ソフトウェアは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)上のコンテナ環境で動作する。ハードウェアは、PCサーバー、GPUサーバー、InfiniBandスイッチ、Ethernetスイッチ、ストレージ(オプション)などで構成する。これらのサーバー群が並列動作し、学習を高速に実行する。「AIモデルを開発する際に負担となる作業を軽減することにフォーカスした」(同社)としている。

 HPE Swarm Learningは、マシンラーニングの学習用データを複数拠点などに分散させたままで学習し、結果を共有・統合可能な分散学習プラットフォームである。学習用データを各ロケーションに維持したまま結果だけを共有可能である。各ロケーションからデータが非効率に移動しないため、データのプライバシー保護を図れる。ソフトウェアはコンテナ型で動作し、学習結果の共有にはブロックチェーンを利用する(図2)。

図2:HPE Swarm Learningの概要(出典:日本ヒューレット・パッカード)図2:HPE Swarm Learningの概要(出典:日本ヒューレット・パッカード)
拡大画像表示
関連キーワード

HPE / マシンラーニング / 分散処理 / 垂直統合

関連記事

Special

-PR-

HPE、垂直統合型のマシンラーニング開発基盤を発表、大規模AIモデルの短期構築を支援ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE/日本ヒューレット・パッカード)は2022年5月25日、2つのAI製品を発表し、同日に提供を開始した。垂直統合型のマシンラーニング(機械学習)開発プラットフォーム「HPE Machine Learning Development System」と、学習用データを分散型で学習し結果を共有・統合する分散学習プラットフォーム「HPE Swarm Learning」である。

PAGE TOP