[新製品・サービス]

日本IBM、金融機関向けに生成AIの短期導入SIを開始、融資稟議書や営業商談・日報などの支援アプリを提供

2024年3月29日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2024年3月29日、金融機関向け生成AI短期導入SIサービス「DSP生成AI拡張機能」を同年5月末から提供すると発表した。生成AIを活用したアプリケーションや、主要な生成AIサービスの利用を管理するゲートウェイ機能などを提供する。金融機関の要件を満たしながら、安全かつ統制された環境で生成AIを活用できるようにするという。

 日本IBMの「DSP生成AI拡張機能」は、金融機関に向けた、生成AIの短期導入SIサービスである。Amazon Web Services(AWS)、Microsoft AzureおよびIBM Cloud(後日対応)をシステム基盤に、生成AIを活用したアプリケーションや主要な生成AIサービスの利用を管理するゲートウェイ機能などを提供する(図1)。

図1:金融機関向け生成AI短期導入サービス「DSP生成AI拡張機能」の概要(出典:日本IBM)
拡大画像表示

 サービス開始当初は、「融資稟議書作成」「営業トークスクリプト作成」「営業日報作成」の各金融機関業務支援アプリケーションのほか、汎用の「AIチャット」と「文書Q&A」を提供する予定である。以降、継続的にアプリケーションを拡充していくとしている。

 また、管理系の機能として、主要な生成AI/大規模言語モデル(LLM)への接続を集約し、生成AIの活用状況のモニタリング・制御を一元化するゲートウェイ機能と管理ダッシュボードを提供する。watsonx.ai(LLM:Granite日本語版など)、Azure OpenAI Service(同:GPT-4など)、Amazon Bedrock(同:Claude 3など)などを管理できる。オプションで、生成AIアプリケーションをアジャイル型で開発するためのDevSecOpsパイプラインを提供する。

 ほかには、金融機関に求められるセキュリティレベルを満たしたクラウド環境を構築するITインフラを提供する。プライベートネットワーク接続を含むインフラ環境一式を最短1日で構築するとしている。

関連キーワード

IBM / 生成AI / 金融 / watsonx / 大規模言語モデル / 営業

関連記事

トピックス

[Sponsored]

日本IBM、金融機関向けに生成AIの短期導入SIを開始、融資稟議書や営業商談・日報などの支援アプリを提供日本IBMは2024年3月29日、金融機関向け生成AI短期導入SIサービス「DSP生成AI拡張機能」を同年5月末から提供すると発表した。生成AIを活用したアプリケーションや、主要な生成AIサービスの利用を管理するゲートウェイ機能などを提供する。金融機関の要件を満たしながら、安全かつ統制された環境で生成AIを活用できるようにするという。

PAGE TOP