[事例ニュース]

ケーブルメディアワイワイ、実証実験用途のローカル5G検証システムを構築

2020年4月6日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ケーブルテレビ局を営むケーブルメディアワイワイ(宮崎県延岡市)は、実証実験用途のローカル5G検証システムを2020年10月に稼働させる。スマート工場の実証実験や、地域の課題を解するスマート農業や防災減災などの実証実験に活用する。検証システムを構築する富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)と富士通が2020年4月6日に発表した。

 ケーブルメディアワイワイは、実証実験用のローカル5G検証システムを構築する。ケーブルメディアワイワイにコア設備を設置し、実証実験先にエッジコア設備を設置する。無線基地局には、制御信号にLTEを、ユーザーデータに5Gを利用するNSA(ノンスタンドアロン)方式を採用した。

 検証システムは、FNETSと富士通がワンストップで構築し、2020年10月から稼働する。3社は今後、今回構築する検証システムを工場や農地などに展開し、実証実験設備として活用する。別途準備するカメラや各種センサーなどを組み合わせ、高精細映像のリアルタイム伝送による遠隔監視やセンシング、リモート作業支援などを検証する。

 また、各種実証実験で得られた結果・知見をもとに、スマート工場やスマート農業、防災減災、地域振興など地域が抱える様々な課題解決の実用化に向けて取り組む。

 なお、ローカル5Gとは、携帯電話事業者が全国一律で提供する5G通信サービスとは別に、地域の企業や自治体がみずから構築する5Gシステムである。総務省が2019年12月に制度化した。

 3社はこれまで、地域の工場や農業、自治体などが抱える様々な課題を解決するインフラ構築の手段として、ローカル5Gの活用を研究してきた。今回のシステム構築における3社の役割は、表1の通り。

表1:各社の役割
FNETS 無線局免許申請支援、無線エリア設計、電波伝搬測定、ネットワーク設計および工事
富士通 ローカル5G検証システム(コア装置、無線基地局など)の提供、実証実験支援
ケーブルメディアワイワイ ローカル5G検証システムの運用計画
関連記事

Special

-PR-

ケーブルメディアワイワイ、実証実験用途のローカル5G検証システムを構築ケーブルテレビ局を営むケーブルメディアワイワイ(宮崎県延岡市)は、実証実験用途のローカル5G検証システムを2020年10月に稼働させる。スマート工場の実証実験や、地域の課題を解するスマート農業や防災減災などの実証実験に活用する。検証システムを構築する富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)と富士通が2020年4月6日に発表した。

PAGE TOP