開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

クラスメソッド、カオスエンジニアリングツール「Gremlin」を販売、意図的に障害を発生させてシステムの耐障害性を確認

2020年8月13日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

クラスメソッドは2020年8月13日、意図的に障害を発生させてシステムの耐障害性を確認する“カオスエンジニアリング”を実行するツール「Gremlin」を販売開始した。SaaS型クラウドサービスの形態で利用できる。GUI画面からCPU負荷やネットワーク遅延など各種の障害を簡単に発生させられる。障害を発生させるサーバーに専用のエージェントソフトウェアをインストールして使う。開発会社は、米Gremlin。

 Gremlinは、意図的に障害を発生させてシステムの耐障害性を確認する“カオスエンジニアリング”を実行するツールである。実運用している本番環境に対し、制御された障害を意図的に注入し、その影響を測る。WebサイトやSaaSなどインターネット上で提供するサービスに適用することで、障害時の動作・対応を検証し、耐障害性を高められる。

 SaaS型クラウドサービスの形態で利用できる。GUI画面から、CPU負荷やネットワーク遅延など、各種の障害を発生させられる。特定のプロセスを落としたり、OSをシャットダウンしたりもできる。障害を発生させるサーバー側には、専用のエージェントソフトウェアをインストールして使う。

 クラスメソッドでは、カオスエンジニアリングツールのGremlinのほか、CI/CDツール「CircleCI」や、システム性能監視ツール「New Relic」を組み合わせることを推奨している。これにより、開発から検証にかけてのサイクルを、より高速かつ効率よく繰り返せるとしている。

関連キーワード

クラスメソッド / Gremlin

関連記事

Special

-PR-

クラスメソッド、カオスエンジニアリングツール「Gremlin」を販売、意図的に障害を発生させてシステムの耐障害性を確認クラスメソッドは2020年8月13日、意図的に障害を発生させてシステムの耐障害性を確認する“カオスエンジニアリング”を実行するツール「Gremlin」を販売開始した。SaaS型クラウドサービスの形態で利用できる。GUI画面からCPU負荷やネットワーク遅延など各種の障害を簡単に発生させられる。障害を発生させるサーバーに専用のエージェントソフトウェアをインストールして使う。開発会社は、米Gremlin。

PAGE TOP