[新製品・サービス]

JBCC、ITシステムをクラウドに移行した場合のコスト削減効果を測定できるWebサイトを公開

2020年12月2日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

JBCCは2020年12月2日、利用中のサーバーの構成とコスト情報をWebページに入力するだけで、クラウドに移行した場合のコスト削減効果を測定できるサービス「Cloud Fitness」を開始した。無料で利用できる。

 Cloud Fitnessは、ユーザーが現在利用しているサーバーの構成とコスト情報をWebページに入力するだけで、クラウドに移行した場合のコスト削減効果を測定できるサービスである(図1)

図1:ITインフラをクラウドに移行した場合のコスト削減効果を測定できるサービス「Cloud Fitness」の概要(出典:JBCC)図1:ITインフラをクラウドに移行した場合のコスト削減効果を測定できるサービス「Cloud Fitness」の概要(出典:JBCC)
拡大画像表示

 Web画面で5つの情報を入力するだけで、クラウドに移行した場合のコスト削減効果を表示する。具体的には、リソース情報(サーバー台数、CPUコア数、メモリー容量、ディスク容量)と支払っている費用を入力するだけで測定できる。

 具体的にクラウドへの移行を検討したいユーザーに向けては、JBCCが詳細にコスト削減効果を分析するサービスも提供する。ITインフラの構成リストをExcelフォーマットに入力してWebサイトからアップロードすることにより、JBCCが移行時のクラウド構成を提示する。

 この上で、既存のインフラ基盤を利用し続けた場合と、クラウドに移行した場合の、5年間にかかる運用コストの差を提示し、クラウドへの移行を提案する。

 JBCCは従来、約500社のクラウド移行を支援し、平均で30%のコスト削減を実現してきたという。この経験を通じ、ITシステムの無駄を判定するノウハウを蓄積した、としている。

関連キーワード

JBCC

関連記事

Special

-PR-

JBCC、ITシステムをクラウドに移行した場合のコスト削減効果を測定できるWebサイトを公開JBCCは2020年12月2日、利用中のサーバーの構成とコスト情報をWebページに入力するだけで、クラウドに移行した場合のコスト削減効果を測定できるサービス「Cloud Fitness」を開始した。無料で利用できる。

PAGE TOP