[調査・レポート]

パスワード付き添付ファイルを56.6%が送付経験、うち4割超は有意義と評価─アドビ

2020年12月10日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アドビは2020年12月10日、企業に勤めるビジネスパーソン500人を対象に、社内ルールや商習慣に関する実態調査の結果を発表した。パスワード付き添付ファイル(PPAP)は、82.0%が受信経験があり、56.6%が送付経験があった。4割を超える人が、パスワード付き添付ファイルをセキュリティ上有意義だと評価している。

 アドビは、企業に勤めるビジネスパーソン500人を対象に、社内ルールや商習慣に関する実態を調査した。社内に無駄な商習慣がある、と回答した人は、「多く存在する」(40.8%)と「少し存在する」(39.8%)を合わせて80.6%(500人中403人)に達した。

 社内に非効率な商習慣があると回答した403人に、無駄だと思う商習慣を聞いた(図1)。トップ3は、「書類の押印、捺印」(58.1%)、「紙資料の印刷・配布」(52.9%)、「手書きでの記載が必要な書類の作成」(46.7%)、――である。

図1:社内に非効率な商習慣があると回答した403人に、無駄だと思う商習慣を聞いた(出典:アドビ)図1:社内に非効率な商習慣があると回答した403人に、無駄だと思う商習慣を聞いた(出典:アドビ)
拡大画像表示

 会社内の無駄な商習慣を社内から無くすためには何が重要かを500人全員に聞いた。トップ3は、「経営陣の意識改革」(47%)、「社内ルールの抜本的見直し」(41.4%)、自分自身のITリテラシー向上」(26%)、――である。

 商習慣の1つとして、パスワード付ZIPファイルのようなパスワード付き添付ファイル(PPAP)についても聞いた。56.6%は、過去1年間にパスワード付き添付ファイルを送っている(図2)。送った理由として41.3%は、「セキュリティ上有意義だと思うから」と回答している。

図2:56.6%の人は、過去1年間にパスワード付き添付ファイルを相手に送ったことがある(出典:アドビ)図2:56.6%の人は、過去1年間にパスワード付き添付ファイルを相手に送ったことがある(出典:アドビ)

●Next:パスワード付き添付ファイルの使用頻度と、使い続ける理由

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

アドビ

関連記事

Special

-PR-

パスワード付き添付ファイルを56.6%が送付経験、うち4割超は有意義と評価─アドビアドビは2020年12月10日、企業に勤めるビジネスパーソン500人を対象に、社内ルールや商習慣に関する実態調査の結果を発表した。パスワード付き添付ファイル(PPAP)は、82.0%が受信経験があり、56.6%が送付経験があった。4割を超える人が、パスワード付き添付ファイルをセキュリティ上有意義だと評価している。

PAGE TOP