[調査・レポート]

コロナ禍がIT支出に影を落とし、以前の水準に回復するのは2022年以降─IDC Japan予測

2021年1月8日(金)IT Leaders編集部

IDC Japanは2021年1月7日、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックの影響を考慮し、国内IT市場予測をアップデートした。2020年のIT市場は、同年8月発行レポートから1.9ポイント改善したものの、前年比6.3%減の17兆1162億円と予測している。

 IDC Japanは、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックの影響を考慮し、国内IT市場予測をアップデートした。2020年のIT市場は、前回発行レポート(2020年8月発行)から1.9ポイント改善したものの、前年比6.3%減の17兆1162億円と予測している(図1)。

図1:国内IT市場における産業分野別支出額予測(2019年~2024年)(出典:IDC Japan)図1:国内IT市場における産業分野別支出額予測(2019年~2024年)(出典:IDC Japan)

 IDC Japanによれば、COVID-19の感染拡大初期に見られた製造業におけるサプライチェーンの混乱は、現在は収まりつつあるという。COVID-19の影響を大きく受けた飲食/宿泊/運輸業への経済対策を行うことによって、経済活動と感染予防の両立を目指した動きとなっている。しかしながら、感染の終息はいまだ見られず、有効なワクチンや治療薬が国民に広く投与されるまでは、予断を許さない状況が続くとしている。

PCがマイナス成長となり市場全体の成長を押し下げる

 製品別では、IT市場のクラウドシフトや利用形態のサブスクリプション化の進展、テレワークの進展によるコラボレーションツールの普及などによって、COVID-19の影響が相対的に軽微なソフトウェアとIaaSが市場を牽引するとしている。

 「PC市場は、前年の駆け込み需要の反動およびCOVID-19の影響によるサプライチェーンの混乱からマイナス成長になる。これが、製品市場全体での成長を押し下げている」(IDC Japan)

 一方で、COVID-19研究対策のための理化学研究所向けスーパーコンピューター「富岳」の前倒し導入によって、サーバー製品については需要の回復が見られるという。

●Next:産業分野別や企業規模別でコロナ禍がIT支出に与える影響

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

市場調査 / 新型コロナウイルス / テレワーク / 在宅勤務 / IT投資 / パンデミック / IDC / GIGAスクール

関連記事

Special

-PR-

コロナ禍がIT支出に影を落とし、以前の水準に回復するのは2022年以降─IDC Japan予測IDC Japanは2021年1月7日、2020年9月末時点の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックの影響を考慮し、国内IT市場予測をアップデートした。2020年のIT市場は、同年8月発行レポートから1.9ポイント改善したものの、前年比6.3%減の17兆1162億円と予測している。

PAGE TOP