[市場動向]

通信業13社で「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」設立、タイで最初のサービスを提供

2021年2月5日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

2021年2月3日、「海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC:ファイブジェック)」の設立について13社が基本合意した。海外に拠点を持つ企業に、ローカル5Gなどのプライベート網を通じて5Gを利用したサービスを提供することを目的としている。13社は、タイのAdvanced Wireless Network、EXEO ASIA、Loxley、Mobile Innovation、日本のAGC、ACTIVIO(タイ法人Activio)、富士通、NEC、NECネッツエスアイ、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ経営研究所、NTTドコモ、英NTT Limitedである。

 「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」(5GEC:ファイブジェック)は、海外に拠点を持つ企業に対して、ローカル5Gなどのプライベート網を通じて5Gを利用したサービスを提供することを目的としたコンソーシアムである。2021年2月3日、同コンソーシアムの設立について13社が基本合意した(図1)。

図1:海外法人5Gソリューションコンソーシアムの概要(出典:ACTIVIO、AGC、タイのAdvanced Wireless Network、タイのEXEO ASIA、富士通、タイのLoxley、タイのMobile Innovation、NEC、NECネッツエスアイ、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ経営研究所、NTTドコモ、英NTT Limited)図1:海外法人5Gソリューションコンソーシアムの概要(出典:海外法人5Gソリューションコンソーシアム)
拡大画像表示

 コンソーシアム設立に合意した13社は、タイのAdvanced Wireless Network、EXEO ASIA、Loxley、Mobile Innovation、日本のAGC、ACTIVIO(タイ法人Activio)、富士通、NEC、NECネッツエスアイ、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ経営研究所、NTTドコモ、英NTT Limitedである。13社の役割は、表1のとおり。

 コンソーシアム参加企業のネットワーク技術や販売網などを連携させる。これにより、海外に拠点を持つユーザー企業は、適切なプライベート5Gネットワークを構築できる。システム構築や運用サービスを含めてワンストップで調達できる。

 マルチベンダーで運用できるオープンな無線ネットワーク仕様であるO-RAN(Open Radio Access Network)に準拠する。国ごとに異なる周波数に対応するほか、複数のベンダーが提供する機器を接続できる。

第1弾はタイ、実証実験後に商用サービスの提供を目指す

 2021年下半期には、タイにおいてローカル5Gネットワークの構築に向けた実証実験を開始する。2022年には、タイにおいて商用のローカル5Gネットワークや5Gサービスの提供を開始する。タイは、多くの製造業・建設業関連の企業が拠点を構えている。今後も、製造業が多いアジア太平洋地域を中心に、対応地域を拡大していく予定である。

表1:コンソーシアムを構成するパートナーの役割と概要(出典:海外法人5Gソリューションコンソーシアム)
会社名 役割
ACTIVIO 無線機器の認証申請、輸入代行、認証ラベルの手配、および無線ビジネスライセンスの取得手続き
AGC ミリ波を中心とした軽量、省スペース、高意匠なアンテナと屋内カバレッジ改善サービスの提供
AIS 通信回線などの提供
EXEO ASIA 無線アクセスネットワークを含めたネットワークインフラの現地施工
富士通 ネットワーク通信機器やサービスの提供および検証サポート
Loxley システム構築とエンジニアリング
Mobile Innovation 顧客チャネルの構築支援
NEC ネットワーク通信機器やサービスの提供および検証サポート
NECネッツエスアイ 工事を含むSI業務全般対応と保守運用
NTT Com 顧客チャネルの構築
NTTデータ経営研究所 顧客チャネルの構築支援とサービスの発掘
NTTドコモ 本プロジェクトの取りまとめ、5Gサービス、無線アクセスネットワークの設計、ORAN準拠ネットワーク装置の統合
NTT Limited 顧客チャネルの構築
関連キーワード

業界団体 / 通信事業者 / 協業・提携 / ローカル5G

関連記事

Special

-PR-

通信業13社で「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」設立、タイで最初のサービスを提供2021年2月3日、「海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC:ファイブジェック)」の設立について13社が基本合意した。海外に拠点を持つ企業に、ローカル5Gなどのプライベート網を通じて5Gを利用したサービスを提供することを目的としている。13社は、タイのAdvanced Wireless Network、EXEO ASIA、Loxley、Mobile Innovation、日本のAGC、ACTIVIO(タイ法人Activio)、富士通、NEC、NECネッツエスアイ、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ経営研究所、NTTドコモ、英NTT Limitedである。

PAGE TOP