アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[市場動向]

日本IBM、「コンテナ共創センター」の活動を開始、50社以上のSIベンダーとISVが参加

2021年4月12日(月)IT Leaders編集部

日本IBMは2021年4月1日、国内のSIベンダーやISVが提供するサービスやソフトウェアにおけるコンテナ利用拡大を目的とした「コンテナ共創センター」を立ち上げた。エルテックスやJTPなど50社以上のSIベンダーとISVが参加した。日本IBMは、エコシステムの拡大によって、コンテナ活用の普及と技術者の育成を目指す。

 日本IBMが主導する「コンテナ共創センター」は、国内のSIベンダーとISVを対象にした、コンテナ利用拡大のためのエコシステムである。参加企業は、自社の製品サービスを早期にコンテナ化できる。コンテナ化した後は、モダナイゼーションの実現、自社の開発者のスキル向上、などを目指せる。

 主な活動内容は、コンテナを開発するための技術アドバイス、検証用のコンテナ基盤の無償提供、製品サービスの運用自動化や販路拡大に向けた各種パートナ支援プロジェクトとの連携促進、である。コンテナ技術を基礎から学べるオープンな勉強会も、参加企業とともに運営する。クラウドネイティブ技術に関する情報や、企業におけるコンテナ活用事例を共有する。

 勉強会を、月に1回開催する予定である。勉強会では、クラウドネイティブ技術に精通した講師が、基礎から学べるコンテナ技術を解説する。参加企業同士の事例共有と販路拡大を促進し、コミュニティの活性化を図る。

 50社以上のSIベンダーやISVが参加した。各企業の技術力や知見を連携することで、より効果的にコンテナ化できるようになるとしている。日本IBMと参加企業は、コミュニティ活動を積極的に展開する。

 傘下企業の1社、エルテックスは、既存EC系アプリケーションのコンテナ化を検討している。傘下企業の1社、JTPは、コンテナ技術アドバイザとして、コンテナ化に関するテクニカルサポートや運用サービスに関するコンサルティングサービスの提供を検討している。

関連キーワード

IBM / コンテナ / エコシステム / エルテックス / JTP

関連記事

Special

-PR-

日本IBM、「コンテナ共創センター」の活動を開始、50社以上のSIベンダーとISVが参加日本IBMは2021年4月1日、国内のSIベンダーやISVが提供するサービスやソフトウェアにおけるコンテナ利用拡大を目的とした「コンテナ共創センター」を立ち上げた。エルテックスやJTPなど50社以上のSIベンダーとISVが参加した。日本IBMは、エコシステムの拡大によって、コンテナ活用の普及と技術者の育成を目指す。

PAGE TOP