[新製品・サービス]

サーバー監視ツール「BOM for Windows」に新版、監視すべき項目を自動検出

2021年7月9日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セイ・テクノロジーズは2021年7月9日、サーバー監視ソフトウェアの新版「BOM for Windows Ver.7.0 SR4」を販売開始した。新版では、監視対象サーバーの情報を元に、監視すべき項目を自動で検出する機能を追加した。システム管理者の「何を監視すべきか分からない」という悩みを解消する。価格(税別)は、基本パッケージが14万8000円。

 セイ・テクノロジーズの「BOM for Windows」は、Windows環境向けのサーバー監視ソフトウェアである。BOMをインストールしたWindows機をスタンドアローンで監視する。BOMをインストールしたくない業務サーバーを遠隔監視する機能も備わる。システム管理者には、データベース(SQL Server)に蓄積された監視データの検索・参照機能を提供する(関連記事サーバー監視ツール「BOM for Windows」新版、監視レポートのメール送信でテレワークを支援)。

 監視項目として、CPU、メモリー、ディスク、イベントログなどの基本項目から、Active Directory、DNS、DHCPなどの各種サービス、SQL Server、Oracle Database、Exchange Serverなどの各種サーバーソフトウェアまで広範にカバーする。別途オプションを適用することで、データベース(Oracle Database、SQL Server)やLinux OS、VMware環境なども監視対象にすることができる。

 容易な導入・設定を特徴にしている。ソフトウェアのインストール、監視インスタンスの登録、監視テンプレート(パッケージ化された監視設定情報)の登録まで、監視に必要なほとんどの設定をウィザード形式で実行できる。

 新版の「Ver.7.0 SR4」では、容易な導入・設定に加えて、「何を監視すべきか」を提示する機能を強化している。監視対象サーバーの情報を元に、監視すべき項目を含んだ監視テンプレートを自動で検出する機能を追加した。システム管理者の「何を監視すべきか分からない」という悩みを解消する(画面1)。

画面1:監視テンプレート自動検出機能の概要(出典:セイ・テクノロジーズ)画面1:監視テンプレート自動検出機能の概要(出典:セイ・テクノロジーズ)
拡大画像表示

  BOM for Windowsの監視テンプレートは131種類で、以下の19カテゴリに分かれる。

  • 標準構成テンプレート
  • Windows 基本
  • Windowsオプション
  • ハードウェア
  • データベースサーバー
  • メールサーバー
  • Webサーバー
  • アプリケーションサーバー
  • バックアップソフト
  • ウイルス対策ソフト
  • 運用管理ソフト
  • グループウェア
  • オペレーションパターン
  • BOMカスタム監視補助
  • Windows その他
  • Linux 標準構成テンプレート
  • Linux 基本
  • Linux アプリケーション
  • VMware 標準構成テンプレート

 Webサービスのレスポンスを監視する機能も追加した。HTTPレスポンスのステータスコード、HTTPの応答時間、SSL証明書の有効期間の3つの情報を監視して、Webサービスがユーザー視点で快適に稼働しているか否かを確認できる。

 加えて、監視ログをデータベースに蓄積する「BOMアーカイブマネージャー」では、監視データの検索機能を改善。対象サーバーを検索しやすくなり、複数台の比較グラフを容易に作成できるようにしている。

関連キーワード

セイ・テクノロジーズ / BOM for Windows / システム監視 / Windows Server

関連記事

Special

-PR-

サーバー監視ツール「BOM for Windows」に新版、監視すべき項目を自動検出セイ・テクノロジーズは2021年7月9日、サーバー監視ソフトウェアの新版「BOM for Windows Ver.7.0 SR4」を販売開始した。新版では、監視対象サーバーの情報を元に、監視すべき項目を自動で検出する機能を追加した。システム管理者の「何を監視すべきか分からない」という悩みを解消する。価格(税別)は、基本パッケージが14万8000円。

PAGE TOP