[新製品・サービス]

Windows監視ソフト「BOM for Windows」新版、監視レポートのメール送信でテレワークを支援

2020年6月17日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セイ・テクノロジーズは2020年6月17日、Windows環境向けサーバー監視ソフトウェアの新版「BOM for Windows Ver.7.0 SR3」を販売開始した。新版では、テレワーク環境でもシステム管理を遂行できるように、サーバー監視レポートをメールで管理者に送信できるようにした。価格(税別)は、基本パッケージが14万8000円。

 BOM for Windowsは、Windows環境向けのサーバー監視ソフトである。BOMをインストールしたWindows機をスタンドアローンで監視し、データベース(SQL Server)で管理する。BOMを導入したWindows機が1台あれば、本番の業務サーバーのようにBOMをインストールしたくないサーバーも遠隔監視できる。監視コンソールはWebブラウザで閲覧できる。

 監視項目は、CPU、メモリー、ディスク、イベントログなどの基本項目から、Active Directory、DNS、DHCPなどの各種サービス、SQL Server、Oracle Database、Exchange Serverなどの各種サーバーソフトウェアまで幅広い。別途オプションを適用することで、データベース(Oracle Database、SQL Server)やLinux OS、VMware環境などを詳細に監視できる。

 新版では、テレワーク環境でもシステム管理を遂行できるように、サーバー監視レポートをメールで管理者に送信できるようにした。

 サーバーやアプリケーションの稼働状況について定期的に情報収集し、グラフィカルなレポートとしてシステム管理者にメールで送信できる(図1)。これにより、システムが正常に稼働しているかを、どこからでも確認できる。Windows 10 の更新管理に必要なWindows Server Update Services(WSUS)のレポートも作成できる。

図1:WSUS(Windows Server Update Services)レポートのサンプル(出典:セイ・テクノロジーズ)図1:WSUS(Windows Server Update Services)レポートのサンプル(出典:セイ・テクノロジーズ)
拡大画像表示

 フォルダを指定することによって、対象のフォルダ内に格納した複数のファイルを、メールに添付して送信できる。サーバーの実行状態を把握するためのログファイルや、調査におけるコマンド実行結果のログファイルなどを、テレワーク先にいるシステム管理者へメールで送信できる。

 新版ではまた、ヘルプデスクツールとの連携を強化した。ServiceNowやOpsAid(アンタスが提供)に対して、BOMの通報をインシデントとして登録できるようにした。

 BOM for Windows Ver.7.0 SR3の新機能・機能拡張の概要は、以下の通り。

  • Red Hat Enterprise Linux 8.xに対応
  • HTTPS送受信機能を追加
  • SMTPファイル送信機能を追加
  • iRMCログ監視を追加
  • BOMの障害検知機能を強化
  • WSUS状態監視レポート出力スクリプトを同梱
  • 統合ログ監視サービス、インシデント管理システムとの連携を強化
  • イベントログ監視の内部処理を見直し
  • BOM アーカイブデータベース管理メニューの表示をよりわかりやすく変更
  • 新たな監視テンプレートを追加
関連キーワード

セイ・テクノロジーズ / テレワーク

関連記事

Special

-PR-

Windows監視ソフト「BOM for Windows」新版、監視レポートのメール送信でテレワークを支援セイ・テクノロジーズは2020年6月17日、Windows環境向けサーバー監視ソフトウェアの新版「BOM for Windows Ver.7.0 SR3」を販売開始した。新版では、テレワーク環境でもシステム管理を遂行できるように、サーバー監視レポートをメールで管理者に送信できるようにした。価格(税別)は、基本パッケージが14万8000円。

PAGE TOP