[事例ニュース]

RFIDタグ使い環境センサーをアンテナの電波で起電、横浜市役所とNOKが室内環境センシングを導入

2021年7月16日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

竹中工務店、日本IBM、マスプロ電工、NTTコミュニケーションズの4社は2021年7月16日、RFIDタグを使った室内環境センシングシステムを共同開発し、横浜市役所(神奈川県横浜市)とNOK本社ビル(東京都港区)に導入したと発表した。RFIDタグと温度センサーなどを組み合わせた環境センサーを使う。環境センサーをアンテナからの電波で起電させ、データを送受信する。

 RFIDタグを使った室内環境センシングシステムを、横浜市役所(神奈川県横浜市)とNOK本社ビル(東京都港区)に導入した(図1)。RFIDタグと温度センサーなどを組み合わせた環境センサーを、アンテナからの電波で起電する。無線でデータを送受信できる一方で、電池交換などの運用管理の手間がかからない。

図1:RFIDタグによる室内環境センシングシステムとデータ連携(横浜市役所の場合)(出典:竹中工務店、日本IBM、マスプロ電工、NTTコミュニケーションズ)図1:RFIDタグによる室内環境センシングシステムとデータ連携(横浜市役所の場合)(出典:竹中工務店、日本IBM、マスプロ電工、NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 従来、環境センサーなどのセンシングシステムには、有線式のシステムを使うことが一般的だった。しかし、有線式の場合、配線の都合によってセンサーの設置場所が壁や天井に限られる。このため、居住域内の快適性を確保するために必要な室内の環境データを十分に収集することができなかった。

 一方で、有線式の欠点を克服するシステムとして電波などを利用した無線式のセンシングシステムの開発が進められている。ところが、無線式のセンシングシステムは、電源として電池が必要なタイプが主流であり、電池交換などの維持管理に手間がかかるのが現状である。

●Next:電池不要かつ電波で環境センサーからデータを収集できる仕組み

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

RFID / 竹中工務店 / 横浜市役所 / マスプロ電工 / IBM / NTTコミュニケ―ションズ / NOK

関連記事

Special

-PR-

RFIDタグ使い環境センサーをアンテナの電波で起電、横浜市役所とNOKが室内環境センシングを導入竹中工務店、日本IBM、マスプロ電工、NTTコミュニケーションズの4社は2021年7月16日、RFIDタグを使った室内環境センシングシステムを共同開発し、横浜市役所(神奈川県横浜市)とNOK本社ビル(東京都港区)に導入したと発表した。RFIDタグと温度センサーなどを組み合わせた環境センサーを使う。環境センサーをアンテナからの電波で起電させ、データを送受信する。

PAGE TOP