[新製品・サービス]

CTC、「富士フイルムRIPCORD文書電子化サービス」を販売

2021年9月13日(月)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2021年9月10日、文書管理サービス「富士フイルムRIPCORD文書電子化サービス」(提供元:富士フイルムRIPCORD)の販売を開始した。大量の紙文書をロボットが高速に電子データ化し、自動的に分類してクラウドに格納する。販売目標として、3年間で10億円を掲げる。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の「富士フイルムRIPCORD文書電子化サービス」は、ロボティクス技術とAIを活用して紙文書をスキャンする。「数億枚に及ぶ文書を短納期で電子データ化する」としている(図1)。

図1:「富士フイルムRIPCORD文書電子化サービス」の概要(出典:伊藤忠テクノソリューションズ)図1:「富士フイルムRIPCORD文書電子化サービス」の概要(出典:伊藤忠テクノソリューションズ)
拡大画像表示

 紙文書のスキャン時に、ステープラー位置をロボットが特定して自動で除去する。紙文書をイメージデータ化した後は、AI-OCR(光学文字認識)でタイトルやタグなどの属性データを自動で抽出し、クラウド型のコンテンツ管理基盤に分類して保存する。ユーザーは、クラウド型のコンテンツ管理基盤にアクセスして電子データを活用でき、働く場所を限定せずにペーパーレス化、保管倉庫や廃棄物の削減を推進できるとしている。

 販売にあたってCTCは、同サービスのAPI機能を用いて、クラウド型ストレージ、ワークフロー、CRM、BI、基幹系システムなどとの連携システムを提供する。

 サービス販売の背景としてCTCは、大量の紙文書を保管している企業では、電子データ化にかかる納期やコスト、スキャン精度の品質などが課題となっている状況を挙げる。「スキャン後の電子データの分類やタグ付けなど、人手を要する膨大な作業に対応できない課題がある」(同社)。

関連キーワード

富士フイルムRIPCORD / CTC / 文書管理 / ペーパーレス

関連記事

Special

-PR-

CTC、「富士フイルムRIPCORD文書電子化サービス」を販売伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2021年9月10日、文書管理サービス「富士フイルムRIPCORD文書電子化サービス」(提供元:富士フイルムRIPCORD)の販売を開始した。大量の紙文書をロボットが高速に電子データ化し、自動的に分類してクラウドに格納する。販売目標として、3年間で10億円を掲げる。

PAGE TOP