[事例ニュース]

ホテルマリナーズコート東京、顔認証と虹彩認証を組み合わせた入館管理を実証

2021年9月14日(火)IT Leaders編集部

ホテルマリナーズコート東京(東京都中央区)は、顔認証と虹彩認証を組み合わせた従業員の入館管理システムの実証を2021年7月13日から同年9月10日まで実施した。マスクを着用したまま非接触で従業員の本人確認・認証を行えることを確認した。認証システムを提供したNECが同年9月13日に発表した。

 ホテルマリナーズコート東京は、顔認証と虹彩認証を組み合わせた従業員の入館管理システムの実証を、2021年7月13日から同年9月10日まで実施した。マスクを着用したまま非接触で従業員の本人確認・認証を行えることを確認した(写真1)。

写真1:顔認証と虹彩認証を組み合わせたマルチモーダル生体認証利用の様子(出典:NEC)写真1:顔認証と虹彩認証を組み合わせたマルチモーダル生体認証利用の様子(出典:NEC)
拡大画像表示

 今回の実証では、同ホテルの従業員通用口に、顔認証と虹彩認証を活用したマルチモーダル生体認証による入館システムを設置。入館管理システムと連携して履歴管理も実施している。

 顔認証システムと虹彩認証システムは、NECが提供した。厳格な本人確認が必要な環境において、他人受入率(他人を誤認する割合)を100億分の1以下(NEC調べ)に保てるとしている。また、マスクを着用したまま非接触で本人を確認できる。同社は、顔認証と虹彩認証を組み合わせたマルチモーダル生体認証を2022年春に製品化することを目指している。

 ホテルマリナーズコート東京は、実証と同時期に開催されたオリンピック・パラリンピック東京2020大会の主要拠点の近隣に位置している。NECによると、同ホテルには、従業員の本人確認業務の効率化に加えて、関係者区域内への不正入館を防ぐセキュリティ対策が求められていたという。

関連キーワード

ホテルマリナーズコート東京 / NEC / 虹彩認証 / ホテル / 観光・旅行 / 東京都 / 顔認証

関連記事

Special

-PR-

ホテルマリナーズコート東京、顔認証と虹彩認証を組み合わせた入館管理を実証ホテルマリナーズコート東京(東京都中央区)は、顔認証と虹彩認証を組み合わせた従業員の入館管理システムの実証を2021年7月13日から同年9月10日まで実施した。マスクを着用したまま非接触で従業員の本人確認・認証を行えることを確認した。認証システムを提供したNECが同年9月13日に発表した。

PAGE TOP