[市場動向]

富士通とKDDIが5G技術でパートナーシップ、ローカル5Gとau 5Gを相互連携

2021年9月29日(水)IT Leaders編集部

富士通とKDDIは2021年9月28日、5Gをベースとしたビジネスに向けてパートナーシップを締結したと発表した。富士通のローカル5Gと、KDDIのau 5Gの技術を組み合わせて、新たな顧客体験の創出や社会課題の解決を図っていくとしている。同日付で、ローカル5Gとau 5Gの相互連携など3つの取り組みを紹介した。

 富士通とKDDIは、5Gをベースとしたビジネスに向けてパートナーシップを締結したと発表した。富士通のローカル5Gと、KDDIのau 5Gの技術を組み合わせて、新たな顧客体験の創出や社会課題の解決を図っていくとしている。同日付で、ローカル5Gとau 5Gの相互連携など3つの取り組みを紹介した(図1)。

図1:ローカル5Gとau 5Gの相互連携と技術実証の概要(出典:富士通、KDDI)図1:ローカル5Gとau 5Gの相互連携と技術実証の概要(出典:富士通、KDDI)
拡大画像表示

 両社が同日に発表したのは、「ローカル5Gとau 5Gの相互連携と技術実証」「5Gを活用した新たなサービス提供に向けての共創」「両社が運営する5Gアライアンスへの相互参加」の3つである。

 「ローカル5Gとau 5Gの相互連携と技術実証」では、富士通が提供する高精細カメラやロボットなどのIoTデバイス向けローカル5Gサービスと、KDDIが提供するスマートフォンやタブレットなどに向けたau 5Gサービスを相互連携する。また、そのうえで、マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)やローカルエッジコンピューティング(ローカルEdge)を融合させ、アプリケーションとデータを適した形で配置する技術を実証する。

 「5Gを活用した新たなサービス提供に向けての共創」では、技術実証をもとに、5G、IoT、映像コンテンツ、XRなどを利用し、人の行動を起点としたローカル5G/5G相互連携ネットワーク基盤の提供を目指す。第1弾として、施設の所有者・運営者に向けて、環境負荷の軽減や業務効率化につなげる仕組みを構築し、施設に来店する顧客に新たな体験価値を提供する。その後、街や施設だけでなく、社会全体のリアル体験とバーチャル体験の融合を目指す。

 例えば、ジムでは、その日の顧客の活動量や健康状態に応じたエクササイズを行えるようになる。レストランでは、その日の体調に応じた料理メニューの提案を受けられるなど、顧客自身の趣向や状況に応じたパーソナルなサービスを提案できる。

 「両社が運営する5Gアライアンスへの相互参加」では、それぞれが運営する5Gアライアンスである「ローカル5Gパートナーシッププログラム」と「KDDI 5Gビジネス共創アライアンス」に相互に参加する。

 これにより、富士通が提供するローカル5Gに関連する無線技術や基地局構築技術、各業種に関するナレッジなどのアセットと、KDDIが提供するau 5G、5G関連サービス、IDや課金、決済といったサービス基盤の連携を行う。こうして、企業向けシステムとコンシューマー起点のサービスを組み合わせたサービスモデルを共同で構築する。さらに、各業種・業態のアセットも掛け合わせて、両アライアンスに参加する他のパートナー企業も交えた、オープンなパートナーエコシステムを目指すとしている。

関連キーワード

富士通 / KDDI / ローカル5G

関連記事

Special

-PR-

富士通とKDDIが5G技術でパートナーシップ、ローカル5Gとau 5Gを相互連携富士通とKDDIは2021年9月28日、5Gをベースとしたビジネスに向けてパートナーシップを締結したと発表した。富士通のローカル5Gと、KDDIのau 5Gの技術を組み合わせて、新たな顧客体験の創出や社会課題の解決を図っていくとしている。同日付で、ローカル5Gとau 5Gの相互連携など3つの取り組みを紹介した。

PAGE TOP