[新製品・サービス]

ISDNをモバイル閉域網で置き換える「Area Power セキュアモバイル回線サービス」─日立ソリューションズ西日本

2022年8月4日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズ西日本は2022年8月4日、金融機関向けISDN代替サービス「Area Power セキュアモバイル回線サービス」を発表した。同年8月5日から提供する。2024年1月に終了するISDN(INSネットディジタル通信モード)を、モバイルデータ通信の閉域網で置き換える。既存システムに変更を加えることなく回線だけを置き換えられる。

 日立ソリューションズ西日本の「Area Power セキュアモバイル回線サービス」は、金融機関が使っているISDN回線を、モバイルデータ通信の閉域網で置き換えるネットワークサービスである。モバイルルーターを各拠点(金融機関と取引先企業など)に設置し、Area Powerクラウドセンタを経由して通信する。データ通信ソフトなどの既存システムに変更を加えることなく、足回りの回線だけを置き換えられる(図1)。

図1:「Area Power セキュアモバイル回線サービス」(出典:日立ソリューションズ西日本)
拡大画像表示

 価格体系は、以下の通り。金融機関が支払う同サービスの環境利用料(基本料金)や、金融機関からクラウドセンタ間の月額回線利用料は、取引先企業数に関係なく定額である。ただし、取引先企業のモバイルルーター費用および取引先企業からクラウドセンタ間の月額回線利用料は、取引先企業数によって変動する。

 想定する利用シーンの1つは、自動振替伝送業務である。自動振替伝送業務の通信手段として活用できる。閉域網なので、決済データなど重要データを安全に取り扱える。また、想定する別の利用シーンに、リモート保守業務がある。閉域網なので、調査用のログや解析データを安全に取り扱える。

 同サービスの提供は、NTT東日本とNTT西日本が提供しているISDN回線サービス「INSネットディジタル通信モード」が2024年1月に終了することを受けたもの。現在ISDNを使っているユーザーは、代替サービスに置き換える必要がある。インターネットを使ったVPNサービスなどに置き換える例もあるが、今回のサービスはモバイル閉域網を使う。

関連キーワード

日立ソリューションズ西日本 / INSネット / ISDN / 閉域接続 / 日立ソリューションズ

関連記事

Special

-PR-

ISDNをモバイル閉域網で置き換える「Area Power セキュアモバイル回線サービス」─日立ソリューションズ西日本日立ソリューションズ西日本は2022年8月4日、金融機関向けISDN代替サービス「Area Power セキュアモバイル回線サービス」を発表した。同年8月5日から提供する。2024年1月に終了するISDN(INSネットディジタル通信モード)を、モバイルデータ通信の閉域網で置き換える。既存システムに変更を加えることなく回線だけを置き換えられる。

PAGE TOP