[新製品・サービス]

TIS、「Windows Virtual Desktop」の取り扱いを開始、Windows 7延長サポートを利用可能

2020年4月6日(月)IT Leaders編集部

TISは2020年4月3日、「仮想デスクトップ導入・運用サービス」のラインナップを拡充した。新たに、日本マイクロソフトが提供する仮想デスクトップサービス「Windows Virtual Desktop」をメニューに追加した。販売目標は、2025年までに20社。

 「仮想デスクトップ導入・運用サービス」は、仮想デスクトップ環境を構築・運用するSI(システム構築)サービスである。特徴は、ユーザーの導入目的に合わせて、幅広いメニューから所望の仮想デスクトップを選択できること。今回、ラインナップの1つとして、新たに「Windows Virtual Desktop」を追加した(図1)。

図1:「仮想デスクトップ導入・運用サービス」の製品ポートフォリオ(出典:TIS)図1:「仮想デスクトップ導入・運用サービス」の製品ポートフォリオ(出典:TIS)
拡大画像表示

 Windows Virtual Desktopは、日本マイクロソフトがAzure上で提供するDaaS(クラウド型の仮想デスクトップサービス)である。Azure上でリソースを容易に拡張できる。デスクトップOSについては、Windows 10のほか、Windows 7の3年間延長サポートプログラムを無償で利用できる。

 背景として、Windows7の無償延長サポートの終了を契機に、テレワーク環境整備にあわせたWindows10への移行を検討する企業が多い一方で、OSの移行にともなう動作確認に十分な期間を確保できない課題がある。こうした経緯から、Windows7」の無償延長サポートが付くWindows Virtual Desktopをラインナップに追加した。

 「仮想デスクトップ導入・運用サービス」では、導入前の計画・検証から、構築・移行、運用支援までをトータルで提供する。主なメニューは、以下の通り。

 「コンサルティングサービス」では、導入検討の上流工程を支援する。現行のクライアント環境の課題を明確化するとともに、仮想デスクトップ環境のグランドデザインを策定する。また、製品ごとに最小30万円からのPoC(概念実証)サービスも提供する。

 「仮想デスクトップ導入サービス」では、複数の製品ポートフォリオの中から、客観的な視点に立って、ユーザーに合わせた仮想デスクトップ製品を提案し、導入する。提供価格は、個別見積もりとなる。

 仮想デスクトップの導入にあわせて、オフィス環境全体の見直しを、オプションのシステム構築サービスとして支援する。Active Directoryやファイルサーバーといった周辺環境の構築や、多要素認証などのセキュリティ対策の導入など、要望に合わせて幅広いオフィス環境を提案する。提供価格は、個別見積もり。

 「エンタープライズ・クラウド運用サービス for VDI」では、仮想デスクトップの問い合わせ対応、保守作業、障害時対応などの日々の運用作業を一元的にTISにアウトソースできる。24時間365日でのサポート対応もできる。運用メニューは、定常作業(基本)と依頼対応(個別)に分けて、自由にカスタマイズできる。標準の運用メニューは、月額30万から。

 「エンタープライズ・セキュリティ運用サービス」では、脅威情報の収集・解析からインシデント発生時の対応まで、セキュリティ運用業務を一元的にTISにアウトソースできる。提供価格は、個別見積もり。

関連キーワード

TIS / Windows Virtual Desktop / Windows 7

関連記事

Special

-PR-

TIS、「Windows Virtual Desktop」の取り扱いを開始、Windows 7延長サポートを利用可能TISは2020年4月3日、「仮想デスクトップ導入・運用サービス」のラインナップを拡充した。新たに、日本マイクロソフトが提供する仮想デスクトップサービス「Windows Virtual Desktop」をメニューに追加した。販売目標は、2025年までに20社。

PAGE TOP