コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

ヌーラボ、クラウド作図ツール「Cacoo」を強化、データベース構成図を自動で作成可能に

2020年4月16日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヌーラボは2020年4月16日、クラウド型で利用できる作図ツール「Cacoo(カクー)」を強化した。新たに、CSV(カンマ区切り形式)ファイルを読み込むだけでデータベース構成図を自動で作成する「データベーススキーマ機能」を追加した。価格(税別)は、1ユーザーあたり月額600円または年額6000円。最小導入数は3ユーザー。

 Cacooは、クラウド型で利用できる作図ツールである。プロジェクトのアイディアやWebサイトのレイアウト、作業計画などをオンライン上で作成し、チームで共有できる。

 フローチャート、ガントチャート、ネットワーク構成図、データベース設計図、UML図、BPMN図、オフィスレイアウトなど、作図のための各種のテンプレートを備える。

 今回追加した「データベーススキーマ機能」を使うと、データベースの設計のために作成する「データベース図」を自動で作成できる(画面1)。データベースのメタ情報を記述したCSVファイルをインポートするだけで、データベース構成図を自動で生成する。

画面1:データベーススキーマ機能で自動作成したデータベース構成図のイメージ(出典:ヌーラボ)画面1:データベーススキーマ機能で自動作成したデータベース構成図のイメージ(出典:ヌーラボ)
拡大画像表示

 従来、データベース構成図は、1つずつ手動で作図する必要があった。データベーススキーマ機能を使うと、一瞬で完成させることができる。また、CSVの読み込みで作図できることから、抜け漏れのない正確なデータベース構成図を作成できる。

 作成したデータベース構成図は、URLで共有できる。テレワークなどでチームメンバーとオンライン会議をする場面でも、共同で編集しながら会議を進めることもできる。

関連キーワード

ヌーラボ / Cacoo

関連記事

Special

-PR-

ヌーラボ、クラウド作図ツール「Cacoo」を強化、データベース構成図を自動で作成可能にヌーラボは2020年4月16日、クラウド型で利用できる作図ツール「Cacoo(カクー)」を強化した。新たに、CSV(カンマ区切り形式)ファイルを読み込むだけでデータベース構成図を自動で作成する「データベーススキーマ機能」を追加した。価格(税別)は、1ユーザーあたり月額600円または年額6000円。最小導入数は3ユーザー。

PAGE TOP