[新製品・サービス]

Dell EMC、マシンラーニング向けにソフトウェア/ハードウェアを構成したPCサーバー機

米H2O.aiのML自動化ソフトウェアを搭載

2020年6月17日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デルとEMCジャパンは2020年6月16日、マシンラーニング(機械学習)の導入を簡素化するサーバー機「H2O.ai向けリファレンス アーキテクチャー」を発表した。米H2O.aiのソフトウェアとDell EMCのPCサーバー機を組み合わせた。マシンラーニング(機械学習)に適したハードウェア/ソフトウェア構成のリファレンスアーキテクチャ(参照構成)として提供する。価格(税別)は、ソフトウェアの1年間分のライセンスを含んで2816万5000円から。

 H2O.ai向けリファレンス アーキテクチャーは、マシンラーニング(機械学習)に適したハードウェア/ソフトウェア構成のリファレンスアーキテクチャ(参照構成)である。米H2O.aiのソフトウェア「H2O Driverless AI」と、Dell EMCのPCサーバー機を組み合わせている。

 ソフトウェアのDriverless AIは、マシンラーニング(機械学習)における判定モデルの作成を自動化するソフトウェアである(関連記事マクニカ、機械学習を自動化するソフト「Driverless AI」を提供、判定理由も可視化)。

 データサイエンティストがいなくても、学習用のデータさえ用意できれば、自動でモデルを生成する(画面1)。広く世の中で使われている統計アルゴリズムとマシンラーニング(機械学習)アルゴリズムを搭載している。

画面1:「H2O Driverless AI」の画面(出典:デルとEMCジャパン)画面1:「H2O Driverless AI」の画面(出典:デルとEMCジャパン)
拡大画像表示

 ハードウェアのエントリーモデルの構成は、表1の通り。

表1:エントリーモデルの構成
サーバー機 Dell EMC PowerEdge R740XD
CPU Xeon Gold 5208(2.3GHz)
メモリー 64Gバイト(16Gバイト×4枚)
ストレージ NVMe接続 1.6Tバイト×2基
GPU NVIDIA Tesla T4 16Gバイト×2基
ネットワーク 10Gビットイーサネット
ソフトウェア H2O Driverless AI 1年間サブスクリプション
関連キーワード

H2O Driverless AI / Dell EMC

関連記事

Special

-PR-

Dell EMC、マシンラーニング向けにソフトウェア/ハードウェアを構成したPCサーバー機デルとEMCジャパンは2020年6月16日、マシンラーニング(機械学習)の導入を簡素化するサーバー機「H2O.ai向けリファレンス アーキテクチャー」を発表した。米H2O.aiのソフトウェアとDell EMCのPCサーバー機を組み合わせた。マシンラーニング(機械学習)に適したハードウェア/ソフトウェア構成のリファレンスアーキテクチャ(参照構成)として提供する。価格(税別)は、ソフトウェアの1年間分のライセンスを含んで2816万5000円から。

PAGE TOP