[新製品・サービス]

アプリケーション性能監視製品市場は2024年度まで年平均20.2%増─ITR

2020年7月22日(水)IT Leaders編集部

アイ・ティ・アール(ITR)は2020年7月21日、国内のAPM(アプリケーション性能管理)製品市場の規模の推移と予測を発表した。2019年度のAPM市場は、市場認知度とニーズの高まりで前年度比22.0%増と大幅な伸びを記録した。2024年度までのCAGR(年平均成長率、2019~2024年度)は、20.2%と高い伸びを予測している。

 APM(アプリケーション性能管理)は、運用管理のカテゴリーの1つで、アプリケーションのレスポンス(応答)時間などを測定することによって、アプリケーションの性能を監視・把握する。これにより、性能面の問題を検知したり、問題点を修復したりすることを支援する。

図1:APM市場規模推移および予測:提供形態別(2018~2024年度予測)(出典:アイ・ティ・アール)図1:APM市場規模推移および予測:提供形態別(2018~2024年度予測)(出典:アイ・ティ・アール)
拡大画像表示

 2019年度のAPM市場は、売上金額ベースで53億7000万円、前年度比22.0%増になった(図1)。各種の業務がオンライン化したことで、システムのトランザクションが大幅に増えていることから、アプリケーションの性能管理が重要な課題になってきている。近年では、SIベンダーがシステム開発段階にシステムのパフォーマンスチェック用途としてAPMを導入するケースも拡大している。

 2020年度も需要は高まる。2020年度のAPM市場は、前年度比28.1%増と2019年度の伸びを上回る成長を見込んでいる。ITRは、同市場のCAGR(2019~2024年度)についても20.2%の高い伸びを見込んでいる。2024年度には140億円に迫る規模に拡大すると予測している。

 同市場を提供形態別で見ると、2019年度のパッケージ市場は同11.5%増であったのに対して、SaaS市場は同166.7%増の著しい伸びを示した。2020年度以降もSaaSを採用する企業が増加すると見ており、2024年度にはSaaS市場がAPM市場全体の3割強を占めると予測している。

 ITRは、「APMはまず、ネットバンキングや電子商取引など、高いサービスレベルを要求するシステムで活用が進んだ。昨今は、銀行、小売、通信以外の業種でも、B2C向けシステムへの導入の機運が増しており、市場の裾野が広がる傾向にある」と説明している。

関連キーワード

APM / アイ・ティ・アール

関連記事

Special

-PR-

アプリケーション性能監視製品市場は2024年度まで年平均20.2%増─ITRアイ・ティ・アール(ITR)は2020年7月21日、国内のAPM(アプリケーション性能管理)製品市場の規模の推移と予測を発表した。2019年度のAPM市場は、市場認知度とニーズの高まりで前年度比22.0%増と大幅な伸びを記録した。2024年度までのCAGR(年平均成長率、2019~2024年度)は、20.2%と高い伸びを予測している。

PAGE TOP