[新製品・サービス]

ネットワールド、クラウドの構成管理をコード化するSaaS「Terraform Cloud Business」を提供

2020年9月24日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネットワールドは2020年9月24日、クラウド環境で調達するサーバーなどの構成管理をコード化・自動化するクラウドサービス「Terraform Cloud Business」の販売を開始した。オプションで、日本語のヘルプデスクサポートも提供する。クラウドサービスの価格(税別)は、5ユーザーの最小構成「スモールスタートパック」で年額397万4400円。開発会社は、米HashiCorp(ハシコープ)。

 Terraform Cloud Businessは、クラウド環境で調達するサーバーなどの構成管理をコード化・自動化するクラウドサービスである。オンプレミスで稼働するミドルウェア「Terraform Enterprise」相当のサービスを、開発元である米HashiCorpがSaaS型クラウドサービスの形態で2020年8月から提供している。

 Terraform Enterpriseは、Infrastructure as Code(インフラストラクチャ・アズ・コード、IaC)を実現するミドルウェアである。クラウド環境で調達するサーバーなどのITリソースの指定を、テキスト形式のファイル上に、プログラムコードとして記述できる。インフラの状態をコードとして記述できることから、GitHubなどのソースコード管理ツールでITリソースの状態を管理できる。

 ネットワールドは、2020年4月にミドルウェアであるTerraform Enterpriseの販売とサポートを開始済み(関連記事ネットワールド、Terraformなど米HashiCorp製品を日本語ヘルプデスク付きで販売)。今回、SaaS版のTerraform Cloud Businessの登場に合わせて、Terraform Cloud Businessの販売とサポートを開始した。

 なお、Terraform Cloud Businessは、既存のSaaS版「Terraform Cloud」の機能上位版に相当し、オンプレミス版のTerraform Enterpriseでのみ利用できていた機能群をSaaSでも利用できるようにしている。具体的には、監査ログの管理、クラウドコストの事前確認、複数のプロビジョニング処理の同時実行、――などの機能群を利用できる。オンプレミス環境のプライベートクラウド(VMware、Nutanix、F5など)のリソースもプロビジョニングの対象にできる。

 監査ログ管理では、ログ管理ソフトウェア「Splunk Enterprise」および「Splunk Cloud」とデータ連携できる。Splunkの管理画面とダッシュボードで、主要なアクションやユーザーを可視化したり、詳細に分析したりできる。Splunk以外のシステムとも、JSON APIを介してデータ連携できる。

 価格(税別)は、最小構成(5ユーザー、100ワークスペース、同時実行数2)の「スモールスタートパック」で、年額397万4400円。

関連キーワード

ネットワールド / Terraform

関連記事

Special

-PR-

ネットワールド、クラウドの構成管理をコード化するSaaS「Terraform Cloud Business」を提供ネットワールドは2020年9月24日、クラウド環境で調達するサーバーなどの構成管理をコード化・自動化するクラウドサービス「Terraform Cloud Business」の販売を開始した。オプションで、日本語のヘルプデスクサポートも提供する。クラウドサービスの価格(税別)は、5ユーザーの最小構成「スモールスタートパック」で年額397万4400円。開発会社は、米HashiCorp(ハシコープ)。

PAGE TOP