システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

TIS、アジャイル開発を定着させるサービスを強化、仮説検証ワークショップを提供

2020年10月15日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISは2020年10月15日、企業全体にアジャイル開発の導入や定着を支援するサービス「アジャイルPMOサービス」を強化すると発表した。教育支援のための新機能として、レッドジャーニーが提供している仮説検証関連の研修・ワークショップを提供する。

 TISの「アジャイルPMOサービス」は、企業全体にアジャイル開発の導入や定着を支援するサービスである。サービスの1つとして、体系化したアジャイルトレーニングを提供している。DevOpsから派生したSAFeの原理原則を理解する研修から、スクラムマスター向け研修、メンバー向け研修など、各種の研修を用意している。

図1:TISとレッドジャーニーの提携イメージ(出典:TIS)図1:TISとレッドジャーニーの提携イメージ(出典:TIS)

 今回、アジャイルPMOサービスを拡充し、レッドジャーニーが提供する仮説検証関連の研修・ワークショップとコンサルティングサービスを取り入れた(図1)。TISとレッドジャーニーが共同で、ユーザー企業に伴走し、組織変革からプロダクトの仮説検証、開発、市場投入までを支援する。

 例えば、新規サービスの迅速な市場投入を狙うプロジェクトでは、企画と立ち上げフェーズでレッドジャーニーの仮説検証ワークショップを利用し、新規サービスの価値を探索し、MVP(実用的で最小限の範囲のプロダクト)を特定する。

 プロダクト開発フェーズでは、TISのアジャイル開発実行支援を利用し、プロダクトを短いサイクルで作り上げ、迅速に動くシステムによってユーザーや市場のフィードバックを得る。

関連キーワード

TIS / レッドジャーニー / アジャイル開発

関連記事

Special

-PR-

TIS、アジャイル開発を定着させるサービスを強化、仮説検証ワークショップを提供TISは2020年10月15日、企業全体にアジャイル開発の導入や定着を支援するサービス「アジャイルPMOサービス」を強化すると発表した。教育支援のための新機能として、レッドジャーニーが提供している仮説検証関連の研修・ワークショップを提供する。

PAGE TOP