アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

ServiceNow、ワークフローサービス群「Employee Workflows」を拡充、施設予約や来客管理などを追加

2020年12月3日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ServiceNow Japanは2020年12月3日、従業員の視点から見て働きやすいワークスペース(仕事環境)の構築を支援するクラウドサービス「Workplace Service Delivery」を発表した。オフィスやテレワーク環境など異なる職場環境に置かれた従業員一人ひとりに対して、会議室予約機能などのように、従来のオフィス環境と変わらない体験を提供するとしている。2020年第2四半期にオランダApp4Mationから買収した4Facility資産をベースにしている。価格は、個別見積もり。

 ServiceNowは、人事、総務、情報システムといった、会社が従業員に向けて提供しているサービスを一元的に管理し、これらをまたがったワークフロー機能を提供して従業員体験を高めるサービス群「Employee Workflows」を提供している。今回、同サービス群に、ワークスペースを構築を支援する新サービス「Workplace Service Delivery」を追加した。

 Workplace Service Deliveryを使うと、従業員がオフィスに職場復帰した際に必要になる机、会議室、コラボレーションスペースなどのワークスペースを、どこからでも予約できる。会議室の構成、ケータリング、AV機能などを簡単にリクエストできる。さらに、経費やファシリティなどを適切に運用するために必要なデータ分析機能を提供する。

 UIとして、チャットボットの「仮想エージェント」も用意している。例えば、会議室を予約する際に、場所や人数、その他、会議室の予約に必要な情報を、対話型のチャット画面を介して指示できる。チャットを介して、予約内容を確認して詳細を確認したり、予約をキャンセルしたりすることもできる。

セルフサービス型で設備予約や来客管理ができる

 機能の1つ、Workplace Reservation Management(予約管理)では、従業員がセルフサービス型で物理的なワークスペースを予約できる(図1)。従業員は、モバイル端末やPCから、座席、会議室、駐車場などを1日または1週間単位で予約できる。GUI画面で空室状況を確認した上で約できる。会議時間、従業員の時間、設備・備品を適切に運営できる。

図1:Workplace Reservation Management(予約管理)では、セルフサービス型で物理的なワークスペースを予約できる(出典:ServiceNow Japan)図1:Workplace Reservation Management(予約管理)では、セルフサービス型で物理的なワークスペースを予約できる(出典:ServiceNow Japan)
拡大画像表示

 機能の1つ、Workplace Visitor Management(来客管理)では、従業員みずから、オフィスへの来訪者を登録できる(図2)。オフィスビルへのアクセス、バッジ印刷、無線LANアクセスなど、来訪者の到着に必要な要件を簡単に揃えられる。一方、職場管理チームやオフィスの受付担当者は、ダッシュボードで来訪者の到着状況をモニターできる。

図2:Workplace Visitor Management(来客管理)では、従業員みずから、オフィスへの来訪者を登録できる(出典:ServiceNow Japan)図2:Workplace Visitor Management(来客管理)では、従業員みずから、オフィスへの来訪者を登録できる(出典:ServiceNow Japan)
拡大画像表示

 機能の1つ、Workplace Case Management(案件管理)では、電子メールや電話などの一般的なツールを使わずに、従業員が挙げたリクエストごとのやり取りを管理する。案件の量と種類を可視化しながら、従業員の問い合わせやリクエストの起票、対話、履行を標準化する。

 機能の1つ、Workplace Space Management(利用状況管理)では、ワークプレースを計画し、運営するために必要なデータ可視性機能などを提供する。ダッシュボードを活用し、フロアスペースや会議室の使用状況を把握できる。

関連キーワード

ServiceNow / ワークフロー

関連記事

Special

-PR-

ServiceNow、ワークフローサービス群「Employee Workflows」を拡充、施設予約や来客管理などを追加ServiceNow Japanは2020年12月3日、従業員の視点から見て働きやすいワークスペース(仕事環境)の構築を支援するクラウドサービス「Workplace Service Delivery」を発表した。オフィスやテレワーク環境など異なる職場環境に置かれた従業員一人ひとりに対して、会議室予約機能などのように、従来のオフィス環境と変わらない体験を提供するとしている。2020年第2四半期にオランダApp4Mationから買収した4Facility資産をベースにしている。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP