[新製品・サービス]

「AWS Wavelength」の国内提供開始、KDDI 5G網を用いた超低遅延サービス構築が可能に

2020年12月16日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは2020年12月16日、モバイル通信事業者のネットワークを用いて低遅延/超低遅延のアプリケーション/サービスの提供を可能にする「AWS Wavelength」について国内提供を開始した。通信事業者として、まずはKDDIと協業し、KDDIの東京データセンターで利用できるようにした。近々、KDDIの大阪データセンターでも利用できるようにする。

 「AWS Wavelength」は、モバイル通信端末に対して低遅延/超低遅延のアプリケーション/サービスの提供を可能にする事業者向けサービスである(図1)。モバイル通信事業者の設備内にAWSのリソースを設置し、これをAWS同様に使えるようにしている。

 国内提供の第1弾として、KDDI東京データセンターの5Gネットワークでの利用がスタートした。サービス事業者はAWS WavelengthとAWSのAPI、ツール、機能を用いて、超低遅延が求められるアプリケーションの一部をKDDIの5Gネットワークのエッジ部分に展開し、アジア太平洋リージョン(東京)で実行されるアプリケーションやその他のクラウドサービスとシームレスに接続させることが可能。仮想サーバーのAmazon EC2やブロックストレージのAmazon EBSなど、AWSの主要なIaaS基盤を利用できる。

図1:2020年12月16日にKDDIの設備で開始した「AWS Wavelength」の概要(出典:KDDI)図1:2020年12月16日にKDDIの設備で開始した「AWS Wavelength」の概要(出典:KDDI)
拡大画像表示

 AWS Wavelengthでは、モバイル通信事業者の設備内で仮想サーバーを運用できるため、インターネットを介してAWSの既設リージョンに接続する必要がない。通信事業者のローカル設備内で通信が完結するため、モバイル端末とアプリケーションサーバーとの間で低遅延/超低遅延の通信ができる。なお、利用料金は、AWSの既設リージョンのAmazon EC2などよりも高くなる。

●Next:AWS Wavelengthの活用例──KDDIと企業4社が行った実証実験

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

AWS / KDDI / 5G / Wavelength / エッジコンピューティング / スマートシティ / コネクテッドカー

関連記事

Special

-PR-

「AWS Wavelength」の国内提供開始、KDDI 5G網を用いた超低遅延サービス構築が可能にアマゾン ウェブ サービス ジャパンは2020年12月16日、モバイル通信事業者のネットワークを用いて低遅延/超低遅延のアプリケーション/サービスの提供を可能にする「AWS Wavelength」について国内提供を開始した。通信事業者として、まずはKDDIと協業し、KDDIの東京データセンターで利用できるようにした。近々、KDDIの大阪データセンターでも利用できるようにする。

PAGE TOP