[新製品・サービス]

ヤマハ、Wi-Fi 6準拠の無線LAN AP「WLX413」を発表、最大500台の端末を同時に接続可能

2021年1月18日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヤマハは2021年1月18日、同社で初めてWi-Fi 6(IEEE802.11ax)に準拠した無線LANアクセスポイント新製品「WLX413」を発表した。同年3月から提供する。5GHz帯が2つ、2.4GHz帯が1つのトライバンド構成をサポートし、機器全体で最大500台(2.4GHz帯100台、5GHz帯200台×2)の端末を同時に接続できるとしている。端末数が多い大規模オフィスでの利用に向く。価格(税別)は24万8000円。

 ヤマハの「WLX413」は、端末数が多い大規模オフィス、学校、ホテルなどでの利用を対象とした無線LANアクセスポイント製品のハイエンドモデルである(写真1、記事末の表1)。ヤマハとしては初めて、無線LAN規格としてWi-Fi 6(IEEE802.11ax)に準拠した。最大で500台の端末を同時に接続できるとしている。

写真1:無線LANアクセスポイント「WLX413」の外観(出典:ヤマハ)写真1:無線LANアクセスポイント「WLX413」の外観(出典:ヤマハ)

 5GHz帯が2つ、2.4GHz帯が1つのトライバンド構成を採用した。スループット(データ転送速度)は最大で5.9Gbit/s(2.4GHz帯:1147Mbit/s、5GHz帯:2402Mbit/s×2)である。Wi-Fi 6の機能であるOFDMA(直交周波数分割多元接続)や、4本の内蔵アンテナによるMU-MIMOにより、機器全体で最大500台(2.4GHz帯:100台、 5GHz帯:200台×2)の端末を同時に接続できる。

 Fast DFS機能により、航空・気象レーダー波との干渉を回避している。航空・気象レーダー波を検出した際は、2つある5GHz帯のうちの、別の5GHz帯に切り替える。これにより、60秒間の通信切断を防ぎ、途切れのない通信を実現する。

 動作環境面では、摂氏50度の環境でも性能が低下しないとしている。学校、店舗、工場など、高温になりやすい場所でもフル性能で利用できる。壁や天井への設置だけでなく、スタンド(同梱)を付ければ卓上にも置ける。外部アンテナ端子に指定のアンテナを接続すれば、本体設置が困難な場所や環境にも無線LANを提供できる。有線LANインタフェースは10Gbit/sの10GBASE-T。

 電源は、外部ACアダプタによる供給のほか、LANケーブルから電源を供給するPoEが利用できる。今回、WLX413の提供に合わせて、WLX413にPoE電源を供給できるPoEアダプタ「YPS-PoE-BT」(3万4800円)も発表した(写真2)。2本のLANケーブルをつないてLANケーブル接続を仲介する形で利用する。これにより、無線LANアクセスポイントに対してPoEで電源を供給できる。

写真2:無線LANアクセスポイントにPoE電源を供給できるPoEアダプタ「YPS-PoE-BT」の外観(出典:ヤマハ)写真2:無線LANアクセスポイントにPoE電源を供給できるPoEアダプタ「YPS-PoE-BT」の外観(出典:ヤマハ)

 運用管理面では、クラウドからネットワーク機器を管理できるサービス「Yamaha Network Organizer」(YNO)を利用できる。クラウドからリモートで、WLX413の設定や監視、ファームウェアの更新、接続端末の監視などができる。最大で1年間無償で使える「YNO」のライセンスが付属する。LANに接続して電源を入れるだけで設定が完了する「ゼロコンフィグ機能」も備えている。

●Next:WLX413の製品仕様と価格

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

ヤマハ / 無線LAN / Wi-Fi 6 / ルーター

関連記事

Special

-PR-

ヤマハ、Wi-Fi 6準拠の無線LAN AP「WLX413」を発表、最大500台の端末を同時に接続可能ヤマハは2021年1月18日、同社で初めてWi-Fi 6(IEEE802.11ax)に準拠した無線LANアクセスポイント新製品「WLX413」を発表した。同年3月から提供する。5GHz帯が2つ、2.4GHz帯が1つのトライバンド構成をサポートし、機器全体で最大500台(2.4GHz帯100台、5GHz帯200台×2)の端末を同時に接続できるとしている。端末数が多い大規模オフィスでの利用に向く。価格(税別)は24万8000円。

PAGE TOP