[市場動向]

AIを用いて5Gネットワークを自動復旧─KDDI、日立、NEC、OKIが実証実験

2021年2月9日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

KDDI、日立製作所、NEC、沖電気工業(OKI)の4社は2021年2月9日、5Gネットワークで発生した障害をAIで自動復旧する実証実験を同年1月25日から開始したと発表した。2023年以降に実際の環境で実装することを目指す。

 KDDI、日立製作所、NEC、沖電気工業(OKI)の4社は、5Gネットワークで障害が発生した際に、AIを活用して自動で障害を復旧させる実証実験を開始した。ネットワークの障害に応じてネットワーク構成を動的に制御することで、5Gネットワーク上のアプリケーションを安定的に使い続けられるようにする(図1)。

図1:「AIネットワーク統合基盤」を活用した実証実験のイメージ(出典:KDDI、日立製作所、NEC、沖電気工業)図1:「AIネットワーク統合基盤」を活用した実証実験のイメージ(出典:KDDI、日立製作所、NEC、沖電気工業)
拡大画像表示

 ネットワーク事業者、システム構築事業者、サービス事業者が連携し、5Gのスタンドアローン(SA)構成で主流となる仮想化ネットワークを自動的に構築・運用することを目指す。

 例えば、コネクティッドカーの5Gネットワークに障害が発生した場合、AIが障害を検知し、コネクティッドカーの通信制御を、より5G端末に近い場所のサーバーに移す。このように、自動的にネットワークを再構築することで、アプリケーション性能のボトルネックを解消する。

 なお、今回の実証実験は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と共同で受託した、総務省情報通信技術の研究開発における「革新的AIネットワーク統合基盤技術の研究開発」の一環として取り組んでいる。2023年以降に実際の環境で実装することを目指している。

関連キーワード

KDDI / 日立製作所 / NEC / 沖電気工業

関連記事

Special

-PR-

AIを用いて5Gネットワークを自動復旧─KDDI、日立、NEC、OKIが実証実験KDDI、日立製作所、NEC、沖電気工業(OKI)の4社は2021年2月9日、5Gネットワークで発生した障害をAIで自動復旧する実証実験を同年1月25日から開始したと発表した。2023年以降に実際の環境で実装することを目指す。

PAGE TOP