[事例ニュース]

サントリーロジスティクス、フォークリフトの安全運転をAIで評価するシステムを稼働

2021年6月3日(木)IT Leaders編集部

サントリーロジスティクスは2021年6月2日、物流倉庫内のフォークリフトの安全運転をAIで判定するシステムの稼働を開始した。自社倉庫に順次導入していく。ドライブレコーダー映像から危険運転シーンを検知して評価する。これにより、安全運転の評価業務にかる時間を約半分に短縮することを目指す。システムを共同開発した富士通が同日に発表した。

 サントリーロジスティクスは、物流倉庫内のフォークリフトの安全運転をAIで判定するシステム稼働を開始した。ドライブレコーダー映像から危険運転シーンを検知して評価する。これにより、安全運転の評価業務にかかっている時間の短縮を図る。2020年4月から技術検証を始め、有用性を確認できたことから、2021年6月2日付で実運用を開始した。自社倉庫に順次導入していく(図1)。

図1:検知した危険運転シーンとともに検知の根拠を動画上に表示する(出典:富士通)図1:検知した危険運転シーンとともに検知の根拠を動画上に表示する(出典:富士通)
拡大画像表示

 安全運転の評価業務とは、倉庫での災害防止を目的に、物流倉庫内を走行するフォークリフトのドライブレコーダー(ドラレコ)映像を点検し、安全運転がなされているかどうかを評価し、運転者に評価内容をフィードバックするというもの。今回開発したAI判定システムは、ドラレコ映像を解析し、フォークリフト特有の走行状態や爪部分の動きの組み合わせから、危険な運転が疑われる動画箇所を提示する。

 サントリーロジスティクスは、フォークリフトによる労働災害を防ぐため、2018年からドラレコを導入し、安全推進部の社員が年2回、計500時間かけて数百人分のドラレコ映像を点検していた。しかし、ドラレコ映像の点検には膨大な時間がかかるため、目視確認での見落としや、均一な評価ができない点が課題になっていた。また、既存のドラレコ映像解析システムでは、フォークリフトの爪部分の動きなど、フォークリフトに特化した動きの検知ができなかったという。

●Next:運転状況をAIで判定する仕組みは?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

サントリーロジスティクス / 富士通 / 物流

関連記事

Special

-PR-

サントリーロジスティクス、フォークリフトの安全運転をAIで評価するシステムを稼働サントリーロジスティクスは2021年6月2日、物流倉庫内のフォークリフトの安全運転をAIで判定するシステムの稼働を開始した。自社倉庫に順次導入していく。ドライブレコーダー映像から危険運転シーンを検知して評価する。これにより、安全運転の評価業務にかる時間を約半分に短縮することを目指す。システムを共同開発した富士通が同日に発表した。

PAGE TOP