[新製品・サービス]

日立Sol、IoTデータで現場作業員の安全を高める「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」

2021年6月10日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2021年6月9日、IoT機器で収集したデータを利用して現場作業員の安全を高めるサービス「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を発表した。同年6月10日に販売を開始した。作業員の生体情報や位置情報、気象情報などを分析して安全管理に利用する。価格は個別見積もりとなっている。

 日立ソリューションズの「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」は、建設業や製造業において、作業員の健康状態を遠隔地から継続的にモニタリングするクラウドサービスである(図1)。酷暑下の熱ストレスなどの健康リスクを適切に把握し、労働災害を未然に防止する。作業員の位置情報から行動履歴を把握することで、作業効率の向上にもつなげられるとしている。

図1:「作業者安全モニタリングシステム」(ヘルメット型センサーデバイス)と「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を組み合わせたイメージ(出典:日立ソリューションズ)図1:「作業者安全モニタリングシステム」(ヘルメット型センサーデバイス)と「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を組み合わせたイメージ(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 仕組みとして、IoT機器を利用する。IoT機器のセンサーを用いて、作業員の脈拍や活動量などの生体情報、気象センサー情報、位置情報、転倒・落下のリスク情報などをクラウド上に集約し分析する。これにより、適切な安全対策を実施できるようになる。

 例えば、作業員の属性(職種、所属、作業現場、時間)をグラフや地図で表し、傾向や特徴をダッシュボード上で可視化する。作業員の状態を継続してモニタリングしたり、労働災害が起きやすい時間を分析して安全点検に役立てたり、職種ごとの作業負荷を分析して作業計画策定に活用したりできる。

 位置情報から作業員の行動履歴を把握することで作業を効率化する。作業員の位置情報から、個人ごとの日々の行動履歴(動態管理)を地図上に可視化して把握する。作業を見守ることで安全ではない行動を抑止するほか、効率的な作業を平準化して作業を効率化する。

 データを取得するIoT機器の第1弾は、村田製作所と共同開発した「作業者安全モニタリングシステム」のヘルメット型センサーデバイスである。今後、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスとの連携も計画している。

 「建設業や製造業において、労働災害を防止して労働者の安全と健康を確保することは重要な課題である。特に、夏の暑さによって作業員が体調不良になる危険性が増しており、作業員の状況をタイムリーに把握して適切な安全対策を行うことが必要となっている」(同社)

 こうした課題を解決するため、2019年に村田製作所と作業者安全モニタリングシステムを開発(関連記事戸田建設と村田製作所、建設作業者の熱ストレスをセンサー付きヘルメットで監視するシステム)。作業者の生体情報を収集し、熱ストレスが高い作業者を管理者にリアルタイムに通知するシステムである。

 今回、収集した作業員の生体情報や気象情報に加えて、スマートフォンから取得した位置情報も合わせて分析できるようにしている。さらに、作業員の活動負荷状況、移動状況などの把握も可能になっている。

関連キーワード

日立ソリューションズ / 工場 / 製造 / 流通 / 村田製作所

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、IoTデータで現場作業員の安全を高める「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」日立ソリューションズは2021年6月9日、IoT機器で収集したデータを利用して現場作業員の安全を高めるサービス「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を発表した。同年6月10日に販売を開始した。作業員の生体情報や位置情報、気象情報などを分析して安全管理に利用する。価格は個別見積もりとなっている。

PAGE TOP