ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立Sol、フリーアドレスの設備予約と状況分析が行える「Condeco」を提供

2021年8月2日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2021年8月2日、テレワークとフリーアドレスとのハイブリッドワークが進む中、オフィススペースを効率よく運用するためのクラウドサービス「Condeco(コンデコ)」(開発元:英Condeco Group)を同年8月3日から販売すると発表した。フリーアドレスの設備予約のほか、設備の稼働状況の把握・管理が行える。価格はオープン。

 日立ソリューションズの「Condeco」は、テレワークとフリーアドレスとのハイブリッドワークが進む中で、オフィススペースを効率よく運用するためのクラウドサービスである。英Condeco Groupが開発したサービスを国内で提供する。座席や会議室、駐車場やロッカーなどフリーアドレスの設備予約のほか、出社率やオフィスの運営コストの把握・分析を行う管理機能が備わっている(図1)。

図1:Condecoの利用イメージ(出典:日立ソリューションズ)図1:Condecoの利用イメージ(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 オフィスの管理者は、予約可能な座席数と配置をあらかじめ設定することで、オフィスに出社した社員の密接を避けながら出社率をコントロールできる。設備の利用料の設定により、利用実績に応じた課金管理も行える。エンドユーザーは、 スマートフォンアプリを使ってフリーアドレスの座席を予約し、出社時の自動チェックインによって利用を開始する。

 Condecoの管理データにアクセスできるAPIを公開しており、APIを持つ外部システムとのデータ連携に対応する。例えば、CondecoのAPI経由で得たチェックイン/チェックアウト情報を、勤怠管理システムのAPIを介して出退勤時刻として登録することが可能である。

関連キーワード

日立ソリューションズ / Condeco / フリーアドレス / テレワーク

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、フリーアドレスの設備予約と状況分析が行える「Condeco」を提供日立ソリューションズは2021年8月2日、テレワークとフリーアドレスとのハイブリッドワークが進む中、オフィススペースを効率よく運用するためのクラウドサービス「Condeco(コンデコ)」(開発元:英Condeco Group)を同年8月3日から販売すると発表した。フリーアドレスの設備予約のほか、設備の稼働状況の把握・管理が行える。価格はオープン。

PAGE TOP