【Special】

最新「クラウド×ストレージ」の凄み
先駆者が協業する先に見える理想像とは

2021年12月15日(水)

次代のデジタル経営を支えるIT基盤に思いを巡らせる時、ひときわ重要性を帯びてくるのがストレージだ。クラウドファーストからクラウドマストへの節目の中で、技術やサービスは驚くほどの進化を遂げている。その実像を知ることのできる注目のオンラインイベントが開催された。「ネットアップクラウドクエスト ~勇者たちよ天空へと続く道を切り開け~」(2021年11月18日~19日LIVE配信 / 2021年12月28日までオンデマンド配信中、主催:株式会社ネットワールド、協賛:ネットアップ合同会社)がそれだ。2つの人気セッションを中核に据えて、当イベントのエッセンスをお伝えする。

データ駆動型での最適な意思決定や、働き方改革による生産性アップなどによって、迅速かつ緻密な経営を実現することこそが競争力の源泉だ。これからのビジネス環境は、先を読むことが益々難しくなるし、変化の振れ幅も大きくなる。それに弾力的に追随し得るIT基盤が極めて重要であることに異論を挟む余地はなく、そうした文脈で脚光を浴び、また市場も活況となっているのが「クラウド×ストレージ」の領域である。

中でも注目株はネットアップ(NetApp)だ。独自のストレージ技術をクラウドでも利用できるようにいち早く取り組んできた。同社のソリューションはオンプレミス環境にとどまらず、今や、AWS/Azure/GCPのどの環境でも利用できる。加えて、クラウドベンダーのネイティブサービスとして、NetAppの技術を利用したAzure NetApp FilesやAmazon FSx for NetApp ONTAPなどもリリース済みだ。

もっとも、矢継ぎ早な市場展開は、往々にして使い手側の消化不良をも誘発しがち。NetAppの最新ソリューションの本質的な価値はどこにあるのか──。そこにフォーカスしたイベントが「ネットアップクラウドクエスト」である。主催したネットワールドは、2008年にアジアで初めてNetAppの販売代理店となり、オンプレミスが主流だった時代から今日までに、多くの実績を積んできた経緯がある。ネットアップクラウドソリューションにもいち早く着目し、各種検証や導入サービスの展開などにも力を入れており、クラウドクエストのセッションでも紹介している。本稿では、特に人気を集めた2つのセッションに焦点を当てながら、エッセンスをお伝えしよう。

なお、本イベントは12月28日までオンデマンド配信も実施しているため、期間中は実際の講演動画を視聴頂くことも可能だ。(申込はこちらから)https://www.event-site.info/nw-netapp-cloudquest/?r=0018

Day1注目セッション:ANF対CVOの構図で特長を詳説

Day1の注目セッションは「Azure NetApp FilesとCloud Volumes ONTAP、Azureで使うなら結局どっちがいいのか?」である。ネットアップクラウドソリューションの代表的な2つのソリューションについて、ネットワールドの福住遊氏とネットアップの工藤政彦氏が「対決」を装いながら、分かりやすく解説した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連記事

Special

-PR-

最新「クラウド×ストレージ」の凄み 先駆者が協業する先に見える理想像とは次代のデジタル経営を支えるIT基盤に思いを巡らせる時、ひときわ重要性を帯びてくるのがストレージだ。クラウドファーストからクラウドマストへの節目の中で、技術やサービスは驚くほどの進化を遂げている。その実像を知ることのできる注目のオンラインイベントが開催された。「ネットアップクラウドクエスト ~勇者たちよ天空へと続く道を切り開け~」(2021年11月18日~19日LIVE配信 / 2021年12月28日までオンデマンド配信中、主催:株式会社ネットワールド、協賛:ネットアップ合同会社)がそれだ。2つの人気セッションを中核に据えて、当イベントのエッセンスをお伝えする。

PAGE TOP