システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

JBS、Power Platformの運用準備支援サービス、ガイドブック提供や運用方針書の作成支援など

2022年2月2日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本ビジネスシステムズ(JBS)は2022年2月1日、「運用スタートガイド for Microsoft Power Platform」を提供開始した。ローコード開発ツール「Microsoft Power Platform」を全社に展開・浸透させるための「運用準備」を支援するサービスである。2つのプランを用意した。(1)「ガイドブックプランプラン」(85万円)は、Power Platformの標準的な使い方をまとめたドキュメントを提供する。(2)「検討支援プラン」(320万円から)は、JBSのエンジニアがユーザーの利用イメージを基に運用方針を検討・設計する。

 運用スタートガイド for Microsoft Power Platformは、ローコード開発ツール「Microsoft Power Platform」を全社に展開・浸透させるために必要な「運用準備」を支援するサービスである(図1)。Power Platform の標準的な利用方法をまとめたガイドブックが手に入る「ガイドブックプラン」と、JBSのエンジニアがユーザーにインタビューして検討をガイドする「検討支援プラン」の2つのサービスを用意した。

図1:運用スタートガイド for Microsoft Power Platformの2つのプラン(出典:日本ビジネスシステムズ)図1:運用スタートガイド for Microsoft Power Platformの2つのプラン(出典:日本ビジネスシステムズ)
拡大画像表示

 ガイドブックプランは、「まず使い始める」ことを優先したプランである(図2)。JBSが考える「Power Platformの標準的な使い方」を想定し、利用方針や初期設定内容を解説したガイドブックを提供する。ガイドブックの内容をそのまま設定するだけでPower Platformを使い始められる。QA対応もセットで提供する。

図2:ガイドブックプランの概要(出典:日本ビジネスシステムズ)図2:ガイドブックプランの概要(出典:日本ビジネスシステムズ)
拡大画像表示

 検討支援プランは、「じっくり検討して準備する」ことに重きを置いたプランである(図3)。Power Platformのアーキテクチャに関する説明会を開催した後、JBSのエンジニアがユーザーにインタビューして意向を聞き出し、ディスカッションに加わって検討を進める。こうして定めた利用方針に基づいた設計を行い、ユーザー独自の運用方針書にまとめ、運用準備を完了させる。

図3:検討支援プランの概要(出典:日本ビジネスシステムズ)図3:検討支援プランの概要(出典:日本ビジネスシステムズ)
拡大画像表示

 Power Platformの仕様を踏まえた検討項目をあらかじめ一覧化しているため、必要な検討を確実に実施可能としている。また、検討支援プランにおいても、あらかじめ定めたプロセスに則ってガイドするため、短期間で検討を終えられるとしている。

関連キーワード

日本ビジネスシステムズ / Microsoft Power Platform

関連記事

Special

-PR-

JBS、Power Platformの運用準備支援サービス、ガイドブック提供や運用方針書の作成支援など日本ビジネスシステムズ(JBS)は2022年2月1日、「運用スタートガイド for Microsoft Power Platform」を提供開始した。ローコード開発ツール「Microsoft Power Platform」を全社に展開・浸透させるための「運用準備」を支援するサービスである。2つのプランを用意した。(1)「ガイドブックプランプラン」(85万円)は、Power Platformの標準的な使い方をまとめたドキュメントを提供する。(2)「検討支援プラン」(320万円から)は、JBSのエンジニアがユーザーの利用イメージを基に運用方針を検討・設計する。

PAGE TOP